おもちゃ オススメ商品

【価格安め】モコもじオリーナでマフラーが編める?YouTube動画解説!長いものの織り方

毛糸で文字つきのモコもこ編み物ができるモコもじオリーナの使い方について説明します。

なかなか面白そうなおもちゃみたいですよ。

そんなモコもじオリーナを使って長いものを織っていく動画を紹介します。

 

参考動画

手順

糸まきバーを回して大きいツメを外側にします。

糸まきバーのツメにタテ糸を3本1束にして引っ掛けます。

タテ糸をそうこうミゾに入れていきます。

同じように残りのツメにも3本1束にして引っかけて、タテ糸をそうこうミゾに入れていきます。

全部の糸をまとめてにぎり、糸を張ったまま糸まきバーの右ハンドルを外側へ回します。

糸を布まきバーから約15cm残したところまでまき取ります。

 

タテ糸を3本1束にして布まきバーのツメに引っかけます。

 

二重に引っかけると外れにくくなります。

 

残りのツメにも同じように3本1束にして引っかけ、全部の糸をとりつけます。

織り出し棒をセットするために平織りプレートをセットします。

 

 

右側のガイドピンが上がっていることを確かめてから、織り出し棒をセットします。

 

送りレバーを上げ、左側のガイドピンが上がっていることを確かめてから、

織り出し棒をセットします。

 

平織りプレートが入っている状態で左右のガイドピンに毛糸を付けます。

 

右側にブルー(地色)、左側にピンク(文字色)を付けます。

 

糸巻きバーを下にして本体を立てます。

 

プリントされている面を表にして、織りたい文字の矢印を下にしてパンチカードを入れます。

 

送りツマミをゆっくり回し、パンチカードを2~3段送ります。

 

送りレバーを上げ下げしてパンチカードの太線のところまで送ります。

そうこうが不揃いになったら、送りバーの上げ下げをやめて、ブルーの毛糸を通します。

 

ヨコ糸の端を10cmぐらい残し、一番端おタテ糸に結びます。

もう1本のヨコ糸も一番端のタテ糸に結びます。

折り返しのとき、折り曲げ部分を指でつまんで整えます。

 

クシでヨコ糸を引き寄せるとき、詰めすぎないようにするのがきれいに織るポイントです。

 

文字が織り終わるとそうこうがすべて持ち上がります。

 

パンチカードを抜くときは送りレバーが止まるまで押し下げて、そうこうを上に固定します。

別のパンチカードをセットして文字を織っていきます。

 

織り進めてシャトルが通しづらくなったら、布を巻き取りましょう。

 

織り終わったら、ヨコ糸を布端から10cmぐらい残して切り、タテ糸に結びます。

 

糸まきバーにかけてあるタテ糸を、そうこうと糸まきバーとの間で切ります。

 

 

切ったタテ糸を3~4本ずつ束ねて結び房を作ります。

 

反対側も同じように結び房を作ります。

 

これで完成です。

ではでは(^ω^)ノシ

 

ブログ検索

[SmartAds4]

 

アーカイブ

-おもちゃ, オススメ商品
-, ,