Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

食事

【梅雨時期から注意】食中毒をださないお弁当作り!

2016/07/22

スポンサーリンク

 

 

気温も上がり食中毒が気になる季節。

食べ物が傷みにくいお弁当作りとは?

 

作る前の衛生管理

①まな板を清潔に!
まず両面と側面に水をかけ洗剤で洗う
すすいでから熱湯で殺菌して使いましょう。

肉や魚を切ってすぐに熱湯をかけるとタンパク質がこびりつき
かえって雑菌が増えてしまいます。

必ず洗剤で洗ってから熱湯で消毒しましょう。

 

②調理前に手洗いを

手は石鹸でしっかりと泡立てる

爪の隙間や指の間も丁寧に洗い清潔なタオルで水分を拭き取る

手洗いにもやり方があるので注意

 

傷みにくいお弁当作り

ご飯の上に直接おかずを乗せるのはNG

食材についた雑菌がご飯に広がる恐れがあるから。

 

水分は減らす

生野菜などでおかずは仕切らないように

水分が増えてしまいます。

 

水分の多い生野菜やフルーツは別容器に入れましょう。

ご飯は完全に冷やしてから入れましょう

温い温度は雑菌の温床になります。

梅干を入れると殺菌、抗菌作用があります。

 

 

ご飯などは扇風機などに当てると早く冷めますよ

寿司飯みたいにうちわで扇いでもいいけどそれだと時間がかかる。

 

 

煮物は少量の酢を入れて煮込むと傷みにくくなり

食中毒を防ぎます。

 

スポンサーリンク

 

お弁当の水分を減らす

しつこいようですが水分を減らすのが効果的です。

 

細菌は水分が多いと活発に活動するからです。

できるだけ水分を減らすのがポイント

 

かつお節などの乾物は水分を吸ってくれるので便利ですよ。

 

 

使い終わったお弁当箱はどうするの?

使い終わったお弁当箱は、油分を拭き取り洗剤でキレイに洗い
汚れを落としましょう

汚れが残っていたり、臭いが残っている場合は雑菌がいる証拠

たまに、塩素系漂白剤で消毒をしましょう。

 

まとめ

梅雨時期から湿度もあがり食中毒の危険も上がります。

食中毒をださないお弁当作りまとめると

 

・調理器具やお弁当箱はしっかりと洗い、熱湯で消毒

・ご飯やおかずは覚ましてから詰める

・なるべく水分がでないようにする

 

これを守りましょう!

 

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

ブログ検索

 

-食事
-, , ,