Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トリビア

【雑学】安い床屋とそうじゃない床屋の違い

2015/04/08

スポンサーリンク

 

床屋と言えば昔は一律4000円でした。

これは床屋の組合。

全国理容生活衛生同業組合連合会に加入しているからです。

これにより定休日や値段を一律にして競争をなくしました。

床屋は基本的に商店街などに一軒あれば良いので一軒あればその商圏2kmはお客さんでした。

これには理由があります。

昔の日本では衛生環境にかかわる仕事は値段競争をさせないことにしていたそうです。

コストカットで衛生環境が悪くなると病気になったりしますから。

スポンサーリンク

今では法律が改正されて自由に値段をつけられるそうですが

床屋というのは固定客をつかむことが重要、単純に安いからというだけでお客さんにはならないし、価格競争をして低価格にしても結局共倒れになるから

値段を変えない床屋が多い。

ただ衛生環境については品物のレベルが高くなっているので値段を下げても衛生環境に影響しなくなってきたので1000円カットなんかも生まれました。

1000円カットでは徹底的なコストカットと駅中にある利便性で薄利多売をしている。

顔そりやシャンプーなどしてくれないし
髪を染めるのもしてくれません。

パーマもかけてくれない。
カットだけだから1000円なんですね

髪型にこだわりのないおじさんたちには大人気だ。

あくまでもカットだけであるqbハウス

だからこそ普通の床屋と競合しないのでしょうね。

床屋には技術の安売りをしない職人気質な人が多いのでしょうね

まとめ

・昔は床屋の値段が決まってた
・昔からある床屋は値段を変えない。
・1000円カットもカットだけだから競合しない

ではでは(^○^)ノシ

スポンサーリンク




フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-トリビア
-, ,