病気の種類と症状

おい、俺が本当のノロウイルスの予防と対策方法を教えてやる

2017/12/17

ノロウイルスは激しい吐き気や腹痛、発熱や下痢と嘔吐になるものすごく苦しい病気

 

感染力も空気感染はしないけど下痢や嘔吐をした時に空気中に舞う飛沫から飛沫感染する

家族の一人がノロウイルスになった場合、家族全員がノロウイルスにかかる可能性もある。

 

ノロウイルスを予防する方法は

  1. マスクをする
  2. 手洗いをしっかりする。
  3. 汚物を処理する時はマスクと手袋などを使い肌に汚物がつかないようにする
  4. 下痢や嘔吐の後は徹底的に殺菌する。
  5. 食べ物は加熱する

①マスクをする

ノロウイルスは飛沫感染なのでその飛沫を吸わないようにするだけでも予防になる

街を歩いていればいつどこでノロウイルスを吸い込むか予測がつかない。

なので予防対策としてマスクは鉄板。

 

 

 

②手洗いをしっかりする。

これは病気予防の常識、ノロウイルスはトイレのドアノブに付着しているかもしれないし

オフィスの机にいる事もある。

なのでこまめに手洗いをしましょう。

 

 

特にトイレの後とご飯を食べる前、料理を作る前です。

トイレの後と食事の時が一番ノロウイルスに感染しやすいのでその前に手を洗っておく。

 

 

 

③汚物を処理する時はマスクと手袋などを使い肌に汚物がつかないようにする

汚物を処理する時は大量のトイレットペーパーを使い汚物に触らない

マスクやビニール手袋は必須、出来れば服を汚さないようなエプロンなんかも欲しい

 

とにかく直接、汚物に触らない、マスクや手袋は使い捨てが一番です。

トイレットペーパーに包んだ汚物はトイレに流してしまえばいいんです。

下手にゴミ袋とかで処理すると後が大変だし、ゴミ箱にノロウイルスが残る。

汚物を処理したらタオルなどは次亜塩素酸水(キッチンハイターと水で作れる)で殺菌しましょう。

 

 

④ 下痢や嘔吐の後は徹底的に殺菌する。

汚物を処理したら次亜塩素酸水で床や壁を殺菌します。

汚物を処理した直後はまだ飛沫も飛んでるので窓をあけ風通しをよくしてノロウイルスを散らしてしまいましょう。

 

トイレも忘れず次亜塩素酸水で殺菌します。

 

 

 

⑤ 食べ物は加熱する

 

ノロウイルスの感染リスクを減らすためになるべく生モノはさける

食品の中心温度85~90℃で90秒以上の加熱する。

ノロウイルスによる食中毒を防ぐためには、食品取扱者や調理器具からの二次汚染を防ぐことに加え

食品を中心部までしっかり加熱することが大切です。

 

こうする事でノロウイルスを死滅させる事ができる

 

簡単に言うと中までしっかりと火を通す事が予防対策になります。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

コーラが風邪予防にいい?ヨーロッパじゃ常識らしいんだけどどうなの?

季節の変わり目の風邪予防対策、ポイントは?

アルコールに弱い人必読!二日酔いの予防には水が一番!

インフルエンザはアルコール消毒で何とかなる濃い濃度を使えばいいの?

アーカイブ

-病気の種類と症状
-,