Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

病気の種類と症状

りんご病を大人がかかった時の症状はむくみや関節炎、筋肉痛など症状が重い、特に妊婦はヤバい


スポンサーリンク

 

 

子供が病気になりやすいりんご病だけど

大人も免疫力が低下するとなりやすい。

 

大人も子供もりんご病になるとほっぺが赤くなる

 

正式名称

正式名称は伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)だ。

ヒトパルボウイルスB19の初感染するとりんご病になる。

 

ウイルスが血液中に排泄をすることで様々な症状が出る。

 

子供の場合はほっぺが赤くなって発疹だけが出てそのまま治る事が多い

大人になってりんご病になるともっと症状は重くなる。

 

 

潜伏期間と症状

りんご病の潜伏期間は5~6日で大人は感染7日目くらいから色んな症状が出る。

りんご病の症状

  1. 頬が赤くなる
  2. 発熱、
  3. 頭痛、
  4. 悪寒、
  5. 筋肉痛
  6. 発疹
  7. 掻痒感
  8. 手足のむくみ
  9. 関節痛および関節炎
  10. 体幹・四肢にも紅斑(赤い、平坦な発疹)

大人の症状は重い

大人の場合、重い症状になると関節炎で1~2日

歩行困難になる

つまり関節が痛すぎて歩くのが辛くなる。

最初は むくみがひどいくらいの症状だけど気がつくと関節炎になってる。

 

38℃以上の高熱が出るし悪寒もする。

頬が赤くなって手足に帯状の湿疹が出る。

強い倦怠感(ダルさ)がある。

治るまでこんな症状が襲ってくる。

大人のりんご病は治りが遅く約一カ月はかかる。

ふむ、思った以上にきつい症状だ。

精神的に追い込まれる人もいるかもしれないな。

 

 

妊婦さんは危ない

りんご病を一番気をつけないいけないのは妊婦さんだ!

妊娠中にりんご病になると胎盤を通じて胎児に感染する。
そうなると胎児水腫や心不全などを引き起こして

流産の危険がある。

お子さんがりんご病になってしまった。

妊婦のお母さんは旦那さんに子供の看病を任せた方が良い。

りんご病は流行する時期

流行ることが多く周期は4~6年ごととも言われています

 

予防対策!

りんご病は空気感染、飛沫感染なのでその予防も簡単!

りんご病の予防は風邪と一緒で手洗いうがいやマスクも有効

空気清浄機も予防に効果ありですよ!

まとめ

大人のりんご病は子供の数倍は症状が重い。
特に妊婦さんは流産の危険があるから十分な注意が必要!

予防方法は風邪と一緒だと考えて間違いない!

ではでは(^○^)ノシ


スポンサーリンク

 

ブログ検索

-病気の種類と症状
-, , ,