Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

遊び

わかりやすいポーカーのルール解説!僕ら知っているぽーかーはお子様向け?

意外と知られていないけどポーカーと一口に言ってもいろいろある。

ポーカーでもルールは微妙に違う亜種というか新種が結構ある。

 

 

 

普段僕らが遊んでいる、手札5枚を1回交換して役を作るポーカーは5ドローポーカーと言われています。

あれはあれで面白いですがポーカーにもっといろいろな種類がある。

 

 

今回はそんなポーカーについて説明します。

スポンサーリンク

 

ポーカーの種類

ポーカーには5種類あって

  1. 5ドローポーカー
  2. スタッドカードポーカー(5カードスタッド、7カードスタッド)
  3. テキサスホールデム
  4. オマハ・ホールデム
  5. オマハハイロースプリット

手札の読み合いや心理戦を楽しめるポーカーですが結構種類がありますね。

ついでにポーカーの世界大会はテキサスホールデムやオマハ・ホールデム、7カードスタッドなどの種類がある。

参加費1000ドルだって高すぎる(^_^;)

 

ポーカーの用語

わかってないとややこしいので書いていきます。

・アンティ

参加料のこと。カードを配る前にすべてのプレイヤーが決められた額を支払う。
・ベット

チップを賭けること。
・チェック

チップを賭けずに様子を見ること。誰かがベットをした後にはできない。
・コール

前の人と同額のチップを賭けること。
・レイズ

前の人よりも多い額のチップを賭けること。

 

・ドロー

いらないカードを捨てて、捨てたカードと同じ枚数のカードを積み札から補充すること。
・フォールド

ゲームを降りること。

 

スポンサーリンク

 

5ドローポーカー

一番シンプルなポーカーでルールもシンプル。

  1. アンティを支払いゲームに参加
  2. ディーラーから5枚のカードが配られる。
  3. ディーラーの左隣の人から手札を見てアクション(ベット、チェック、コール、レイズ、フォールド)をしていく
  4. 全員がアクションしたら1巡が終了。
  5. フォールドした人以外でディーラーの左隣の人からカードを交換(ドロー)していきます。カードの交換をしなくてもいい。
  6. 2回目のアクション
  7. 手札を公開。
  8. 一番強い役を作った人が場にあるチップを全て獲得できる、一人を残して全員がフォールドした場合は最後の一人が勝利者になる

5ドローポーカーは全て手札になるから心理戦も難しいし役も低いものしか作れないけど

ポーカーの基本ルールを理解するには良いゲームだ。

 

5カードスタッド

5カードスタッドは最初に2枚のカードを配り2枚目のカードをみんなに見えるように表にします。


表になっているカードで弱いカードを持っている人が強制ベット(チップを賭ける)

次に1枚ずつカードを配り表にして場におきます。


次のカードも表にして並べます。

カードの役が強い人は第2ベットします。
4枚目のカードを場に並べます。


カードの役が強い人が第3ベットします。

5枚目のカードを場に並べます。


カードの役が強い人がベット

1~4ベットの間にレイズ、コール、フォールドを選択して戦います。

最後に勝負する場合は伏せていたカードをオープンして全てのカードを相手にみせる。


強い役を作った人の勝ちです。

 

7カードスタッド

ルールは5スタッドと同じですが配られた7枚のカードから役を作って勝負します。

まず2枚のカードを伏せて置き3枚目はカードを表にします。


5スタッドと同じようにベットやアクションをしていきながらカードが配られます。

7枚目のカードは伏せて配られます。


7枚のカードから最強の役を作った人が勝ちです。

画像だと2と5のツーペアが出来ている方が勝ちです。
7カードスタッドは人数が多くなると相手の役が読みやすくなる。

というのも最終的に1人辺り4枚のカードが公開されているわけだから

 

5人でプレイしたら20枚のカードが公開されてしまう。

そうなると相手の役がある程度予測できるようになる。

7スタッドは人数が多くなればなるほどトランプのセット数を増やさないと面白みがなくなってくるかもしれません。

 

テキサスホールデム

今、主流のポーカーテキサスホールデム。

ルールはこんな感じ。

  1. ベットやレイズ、フォールドなどのアクションを行う。
  2. 手札が2枚配られる。
  3. 場に3枚のカードが表の状態で置かれます。
  4. 第二ベット
  5. 更に場に1枚カードが置かれます。
  6. 第3ベット
  7. 5枚目のカードが置かれます。
  8. 第4ベット
  9. カード公開し勝敗を決める。

 

第1ベット

2枚の手札が配られた時点でベットやレイズなどを行う事ができる。

ここでフォールドする人はいないと思うけどフォールドもできる。

ディーラーポジションの左の人がスモールブラインド(ブラインド金額の 1/2)をベット(置き)、その左の人がビッグブラインドをベットします。その後、各自に 2 枚カードが伏せて配られます。

 

 

手札が2枚配られる。

相手に見えないように2枚のトランプが配られます。

この手札と場に置かれる5枚のカードを組み合わせて役を作る。

 

この状態で最強なのが【Aが2枚】AAの状態ですね。

通称、アメリカン・エアラインと呼ばれています。

 


 

場に3枚のカード

場に3枚のカードが公開されます。

この状態で既に役が出来てしまう場合もあります。

第2ベット

スモールブラインドの人から第 2 ベットここで既に役が出来ていると思わせてレイズやベットができます。

 

 

4枚目~5枚目

4枚目、5枚目と同じように配られその間にベットやレイズなどのアクションができる。


手札を公開して一番強い人の勝ちです。

オマハ・ホールデム

 

テキサスホールデムと殆ど同じだけど手札は4枚になる。

手札4枚の内2枚と共有している5枚のカードを使って役を作る

 

場から3枚、手札から2枚のカードを使って役を作る。

なので手札にキングが4枚来ても使えるのは2枚だけ

場にキングが4枚あっても使えるのは3枚だけです。

 

テキサスホールデムとの違いはそこだけ

 

オマハハイロースプリット

オマハ・ホールデムとルールは殆ど同じだけど

手札2枚と場にある3枚で一番強い役を作った人と一番低い役を作った人が勝ち。

 

つまり強い役が作れなくても勝てるゲーム、ややこしい気がしますが面白いです。

参考動画

 

 

まとめ

実際に遊んでみた感想としてはカードを7枚組み合わせて遊ぶポーカーの方が心理戦も面白いし

カードも多いから強い役が作りやすい!

 

5ドローポーカーよりも各段に面白いゲームになっていますよ是非お試しあれ

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

ポーカーの役を強さ順で紹介!一番強いのはファイブカード?

スポンサーリンク

 

ブログ検索

-遊び
-,