トリビアとノウハウノート

いろいろなトリビアとノウハウを紹介

トップページ

病気の種類と症状

エボラ出血熱とは 症状がやばい!

2017/12/16

エボラ出血熱とはエボラウイルス(炭疽菌)に感染することで発症する

エボラ出血熱はどんな症状なのか調べてみました。

 

マジで怖い病気みたいなのでちゃんとした知識がないと対処を間違えるかもしれないし

差別や誤解が広がるかもしれない病気なのできちんと知識を仕入れておくことが大事。

 

エボラ出血熱の症状

 

エボラ出血熱の潜伏期間は通常7日程度。

発病は突発的で、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不振などから、嘔吐、下痢、腹痛などを呈する。

進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管など全身に出血、吐血、下血がみられ、死亡する。

致死率は50 - 90%と非常に高く、死亡者の殆どに消化管出血が見られる。

また、幸いに治癒しても失明などの重い後遺症をのこすことが多い。

 

 

 

致死率は高いが感染率は低い
体液接触がないと感染しないこともあるが

感染者がすぐに死亡するために感染爆発(パンデミック)を起こすことはないと言われている。

 

初期症状は

  • 発熱
  • 悪寒
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 食欲不振

更に症状が進むと

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛

などの症状が出る。

更に症状が進行すると口や耳、鼻や直腸など、全身のあらゆる場所から出血、吐血、下血が見られる。

この事からかなり致死率は高い。

 

完治しても後遺症が残る可能性がある。

 

エボラ出血熱の後遺症

エボラ出血熱の後遺症は神経性障害などの「ポストエボラ症候群」と言われています。

その症状は

  • 関節痛
  • 慢性疲労
  • 聴覚障害
  • 極端な視力低下
  • 記憶障害
  • 頭痛

人によってはひどい耳鳴りや目の眼圧が高くなるどの後遺症が出ている。

眼球肥大や瞳の色が変わるなどの症状が出るケースがあります。

 

 

感染する原因は?

エボラ出血熱は空気感染はしませんが体液などから感染するタイプ

体液や唾液、排泄物などに触れる感染する病気です。

ノロウイルスをイメージしてもらえばいいと思います。

 

致死率が高い病気は感染力低い
タダ、蚊などの血を吸う生き物を媒介にすると感染爆発がおこるかも。

 

 

くしゃみの飛沫が皮膚についただけで感染するしエボラ出血熱に感染した動物の肉を食べても感染する。

 

 

西アフリカでは60ヶ所で深刻な事態になっているそうだが、それは不衛生な環境も原因の一つでは?

アフリカではもの凄い蚊柱が確認されていたりする。

20140625-123039-45039603.jpg
この写真はアフリカにあるマラウィ湖にいった人のブログから拝借。

あのレベルの蚊柱があちこちにある環境ならエボラ出血熱が流行るのは仕方ないかもしれません。

エボラ出血熱のワクチンは今の所ないので感染しないことが大切です。

 

治療方法は?

エボラ出血熱の治療方法はまだ特効薬、ワクチンがあるわけではなく

下痢で失った水分を点滴で補い

併発感染症を避けるための抗菌薬や播種性血管内凝固症候群(DIC)に対する抗凝固薬等、

 

 

また、鎮痛剤や栄養治療食、ビタミン剤の投与

小康状態を維持しつつ患者の免疫力で完治させるしかないという話です。

エボラ出血熱に効くかもしれない薬もあるのですがまだ効果が実証されてない

 

 

臨床の段階らしい。

予防方法

基本的に感染した人、感染している人には近づかない

流行している地域に行かない

エボラ出血熱が流行している地域の動物には触れない。

 

普段からできる予防策

  1. 生煮えの食べ物、野生生物の肉は避ける
  2. せっけんで手を洗い、適切な衛生状態を保つ
  3. 医療従事者は、適切な保護服を着用する
  4. エボラ出血熱について正しい情報を広め、誤解を打ち消す
  5. 症状が出たらすぐに医療機関を受診する

 

動物の死体には近づかない

エボラウイルスに近づかない事が最大の予防方法。

 

ではでは(^O^)ノシ

スポンサーリンク

 

カテゴリー

アーカイブ

-病気の種類と症状
-, , , , ,