Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

猫の種類

コラット

2014/08/11

猫の一種コラットの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
写真や動画を参考にしながら猫についてより深く知りましょう!
 
 
 

 

コラット
Korat

korat1.jpg

 

 

 

 

原産
タイ


短毛

体重
2.5~4.5キロ

タイプ
セミコビー

 

 

 

コラットの歴史・ルーツ
 コラットの起源はアユタヤ王朝の時代(西暦1350~1767年)にまで遡ります。

この時代の文献である「cat book poems」には、高原のコラット地方に生息する

「シ・サワット」(幸運をもたらす猫)という銀青色の猫の話が書かれており、

当時からコラットが幸福と繁栄の象徴として大切にされていたことがうかがえます。

 

 

 

 現代においては、もっぱら「贈呈用」として扱われ、売買が禁止されていた時期もあるようです。

1959年、タイでコラットを目にしたジーン・ジョンソンがアメリカに持ち込んだ後に英国へと渡り、

1966年アメリカで、そして1975年にはイギリスで公認されています。

名前は、タイの「Nakhon Ratchasima州」を現地の人が「コラット」と呼ぶところからつけられました。

 

 なお、ライラック色のコラットを「タイ・ライラック」、ポイントカラー(シャムに代表されるように、

地色が淡く、顔や四肢の先端、しっぽなどの色が濃いパターン)のコラットを「タイ・ポインテド」として独立させようとする動きもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラットの特徴・性格
 コラットの体は、筋肉質でがっちりとしたセミコビータイプです。

毛はアンダーコートがなく、体に密着したシングルコートで、

角度によっては銀色に輝いて見えます。顔は特徴的なハート型をしており、

前足は後足よりやや短く、美しいグリーンの瞳を持っています。

 

 

体脂肪が低く、抱き上げると見た目よりもずっしりと重く感じます。

まれに淡いスポットやグレイのストライプが見られることもありますが、

こうした被毛パターンはショーキャットとしては認められず、公認はブルーのみです。 
 コラットの性格は、おとなしくて人見知りな所もありますが、飼い主に甘えてくるとても優しい性格の猫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラットのお手入れ・注意点
 コラットのお手入れは1日1回ブラッシングで充分でしょう。

 

 

 

 

 
 

No tags for this post.

-猫の種類