Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

猫の種類

スコティッシュフォールド

 猫の一種スコティッシュフォールドの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
写真や動画を参考にしながら猫についてより深く知りましょう!
 
 
 
 
 

スコティッシュフォールド
Scottish Fold

scottish_fold1.jpg

 

 

 

 

原産
スコットランド


短毛・長毛

体重
2.5~6キロ

タイプ
セミコビー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スコティッシュフォールドの歴史・ルーツ
 スコティッシュフォールドの起源は、1961年にスコットランドの農場で生まれた、

耳の折れ曲がった「スージー」という名の猫です。この猫が妊娠して子猫を生んだとき、

 

その子猫もまた耳が折れていたといいます。猫好きだったご近所のロス夫妻は、

「耳折れ」という特徴が遺伝的な要因であることに気づき、子猫の内の一匹をもらいうけました。

 

 

夫妻は「スヌックス」(Snooks)と名づけたこの白いメス猫を元にして新たな品種を確立しようと試行錯誤し、

最初はブリティッシュショートヘアと交配、のちに遺伝学者パット・ターナーの手でアメリカンショートヘアなどと交配を重ね、

現在のスコティッシュフォールドの原型を作り上げました。

 

当初は垂れ耳ウサギ(lop-eared rabbit)にちなんで「ラップ」と呼ばれていましたが、

後に「折りたたまれた」という意味で「フォールド(fold)」という名称に変わっています。

ショートヘアーは1978年に、またロングヘアーは1980年半ば頃、CFAに承認されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スコティッシュフォールドの特徴・性格
 スコティッシュフォールドの最大の特徴は、その折れ曲がった耳です。

ゆるい1つの折り目(シングルフォールド)、ぴったりした折り目(ダブルフォールド)、

 

三重の折り目(トリプルフォールド)があります。遺伝確率はおおよそ30%といわれており、

環境や体質によって、徐々に耳が立ってしまう個体もいるようです。

 

 特徴的な面立ちは、しばしば「フクロウ」に例えられます。ボディは筋肉質でがっしりしたセミコビータイプ。

短毛・長毛とも被毛は密生していて弾力があり、シルキーな手触りです。

 

毛色は全色OKです。健康面では、多発嚢胞腎や筋ミオパチーを発症しやすいといわれており、

耳折れ同士の交配では高確率で骨の形成異常を発症するとも言われています。 

 スコティッシュフォールドの性格は優しく温和で、愛嬌があります。甘えん坊なのでで、飼い主と遊んだりそばにいることが大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スコティッシュフォールドのお手入れ・注意点
 スコティッシュフォールドのお手入れは、短毛種なら1日1回の軽いブラッシング、

長毛種なら1日2回はしっかりとブラッシングしたいところです。

また構造上、耳の中が不衛生になりがちですので、最低一週間に一度は耳のチェックとお手入れをしてあげましょう。

 

 

No tags for this post.

-猫の種類