Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

健康 生活 病気

スマホ老眼!20代~30代の人に老眼が増えている!予防対策を考えてみた

2016/04/02

最近、20代~30代でも老眼のような症状を訴える人が増えています。

普通、老眼は早くて40代くらいから始まります、何故か20代~30代の人が老眼になってしまうのか

原因はスマホにありました、このスマホを老眼を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

対策を考えてみました。

 

老眼とは?

そもそも老眼とはなんでしょうか?

wikiを読むと加齢により水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることができなくなってくる。

日常生活で字を読む時の距離である30cm前後が見えにくくなる

 

近くのものが見えにくくなるのが老眼。

スポンサーリンク

 

 

スマホ老眼とは?

長時間、スマホの画面を見続ける事でピントの調節力が弱まり上手くピントが合わなくなる。

朝はちゃんと見えていたものが夕方になるとボヤけて見えるようになってしまう。

そういった症状が20代~30代の若者に増えている。

ピントを合わせる筋肉、毛様体筋が疲労してしまい、更に目に入る光を調節する虹彩筋も疲労してしまう

そのため近くのピントが合わなかったり目が霞んだりする。

一日中、アプリとかゲームとかネットを見ていれば目が疲れてしまうのもしょうがない。

 

スマホ老眼の症状

  1. 遠くは見えるのに、近くの文字がぼやけてみえる
  2. 小さい字を見るときは、少し遠くに離すと見えやすくなる
  3. 目の焦点が合いづらい
  4. 目の疲れ(無理に焦点を合わせるので)
  5. 目のかすみ
  6. 肩こり
  7. 頭痛

 

スマホ老眼にならないための予防対策とは?

1、スマホを長時間使わない

スマホを使いすぎるのが問題、なるべく休憩を入れながら使うと目が疲れない

 

2、スマホと目の間を40cm以上離す

老眼のような症状が起きないようにするためには目から離して読むと疲れない

普段使う時に意識すると疲れ方もだいぶ違う

 

 

3、画面の光を調節する

スマホの光は意外と強い、その刺激を弱くするために明るさを調節しておきましょう

光量をMaxにすると弱めの懐中電灯くらいは光るからな、僕は普段から一番弱い光でスマホを見ていますが

寝る前に使うときとかは一番弱い光にしましょう。普段使う時も真ん中くらいの光量にするのがおすすめ

 

4、こまめに遠くをみる

スマホから少し目を離し周囲を見ましょう。

周囲を見ることで目の筋肉をストレッチさせます。

 

5、たまにまばたきをする

スマホをいじっているとまばたきの回数が減るので意識的にまばたきをしよう

 

スマホ老眼の治し方!改善対策

スマホ老眼は毛様体筋と虹彩筋が上手く働かない状態が原因

単純言えば眼球を動かしたりする筋肉が肩こりみたいにこっているのが原因

なので眼球を動かす筋肉をストレッチしましょう。

 

①目を左右上下に動かす

顔を動かさず目を左右上下に動かすランダムに動かしてもいい

目をグリグリ動かしましょう

やってみると思って以上に動かなくてびっくりするはずですよ。

目を動かすと目の奥が少し痛くなるかもしれませんがそれがストレッチ効果が出ているという事です。

夜、暇な時間1~2分くらいを使って目のストレッチをしましょう。

慣れると目が痛くなる事もなくなります。

 

②近くの物と遠くの物を交互に見てピント調節力、毛様体筋を鍛える

  • 1、目の前の人差し指にピントを合わせ、3秒数える
  • 2、2~3m先の対象物に目線を送り、ピントを合わせて3秒数える
  • 3、これを交互に10回繰り返す
    ※①~③で1セット、これを1日3セット行う

これはどこでもできます、家でやるなら部屋にある時計とかポスターなんかを目印にするとやりやすい

 

まとめ

スマホ老眼を防ぐには

長時間使わない

なるべく40cm以上離す

休憩する(まばたきや遠くを見る)

眼球のストレッチをする

 

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

老眼でも使い捨てコンタクトレンズが使える

視力が悪い人の世界がどういう見え方になるか簡単にわかる方法が発見された!!

現代人は目が疲れている、目を大きくするマッサージでもいかかが?

スポンサーリンク



フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-健康, 生活, 病気
-, ,