Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トリビア

デビットカードとクレジットカードの違いって?

デビットカードとクレジットカードの違いについて書いていこうと思います。

社会人になればクレジットカードなんかを持つ人が増えてきます。

ここでデビットカードとクレジットカードの区別がついてないと困るかもしれません。

 

 

デビットカードとクレジットカードの違いを説明していきます。

知っていると買い物の選択肢が増えるので便利

 

 

デビットカードとは?

デビットカードで買い物をすると登録した銀行口座から即座に引き落とされます。

つまり、銀行口座に入っているお金で買い物ができる仕組みですね。

買い物したらすぐに引き落とされるので現金とかと同じ感覚で使えます。

 

 

ついでに残高不足だと銀行口座の預金がマイナスになります。

つまり、銀行から借金をしてしまった状態になります。

 

 

すぐにお金を入金すればいいだけの話なんですがあまり長い期間、未入金だったりすると

クレジットカードヒストリーに影響します。

 

まとめるとデビットカードは銀行口座のお金で買い物ができるカードという事になります。

 

スポンサーリンク

 

 

クレジットカードとは

クレジットカードはカード会社が一旦、お金を支払ってくれて後でお金を請求する仕組みになっています。

 

つまり、僕がコンビニでクレジットカードを使って買い物をするとカード会社がお金をコンビニに支払います。

そして月末に使ったクレジットカードの請求額が僕に届く仕組み。

 

僕の視点で見ると後払いができる仕組みという事です。

 

流れを整理すると

クレジットカードで買い物→店がクレジットカード会社に請求→カード会社が店に代金を払う→月末、ユーザーに請求書を送り、銀行口座から引き落とし

 

デビットカードでは分割払いができないけどクレジットカードでは分割払いができます。

 

スポンサーリンク

 

デビットカードは未成年でも作れる

デビットカードは15歳以上ならば誰でも審査なしで作れます。

何故、デビットカードは簡単に作れるかと言うとクレジットカードと違って

銀行口座の残高でしか買い物ができないからです。

 

あくまでも貯金箱の中身がなきゃ買い物ができないという仕組みだからです。

クレジットカードは働いているかとか18歳未満(18歳でも高校生は不可)には発行されないとか厳しい審査がある。

 

 

これはクレジットカード会社が確実にお金を回収するために必要な事です。

カードを介して銀行口座から直接支払うのとは厳しさが違うという事です。

 

通販でクレジットカードと同じように使える

クレジットカードと同じように通販サイトで決済できる。

だから未成年の学生でもめんどくさい銀行振込をしなくても済むのがデビットカードの強み。

 

クレジットカードを使うのに抵抗がある人でもデビットカードなら受け入れられると思います。

クレジットカードって下手すると借金みたいになるからそういうのを嫌う人にも安心して使えるのがデビットカード

 

 

まとめ

クレジットカードとデビットカードの違いは

  • デビットカード→銀行口座から支払い
  • クレジットカード→カード会社が支払い、ユーザーは月末に後払い
  • デビットカードは未成年でも取得できる、クレジットカードは18歳以上で審査あり
  • デビットカードは一括払いしかできない、クレジットカードは分割払いができる。

という違いがありますね。

VISAに加入しているお店なら同じように使えます。

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

 

No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

-トリビア