Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

仕事

バイトの休憩時間と時給の切実な関係

2016/02/01

 

労働の休憩時間は6時間労働で45分、8時間労働なら1時間の休憩が労働基準法で決められている。

 

6時間未満だと休憩時間は設定しなくていい事になる。

六時間労働とか八時間労働だと休憩時間がないと正直体がもたない

 

 

なんで普通は休憩時間があるしそれで問題はない

休憩時間は労働基準法第11条「この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう」

つまり、昼ご飯を食べたり昼寝をする時間は時給計算からは除外される。

スポンサーリンク

バイトをしていてトラブルになりそうなのが時給計算だ

例えば

短時間の労働で休憩時間を入れた場合

 

12時~16時までこの場合休憩時間をつけると時給が減ってしまう。

12時~16時45分までなら時給は減らないが帰る時間が遅くなる。

こういう短時間のバイトにはありがちなトラブルですね。

 

4時間労働だから休憩はいらないんだけど正社員、つまり監督者がいなくなるから

仕事はさせられないという事になる、こういうのは仕事の習熟度が関係しているんだろうけど

正社員が休憩中は簡単で失敗しようがない仕事を割り振って欲しいものです。


スポンサーリンク

バイトからしたら疲れてないから休憩時間の必要性はない

変な時間に休憩時間を挟まれても困ると言うのが本音だ。

このトラブルはレアケースで多分こっちの方が多い

 

 

休憩時間なしで9時間または7時間労働だけど

休憩した事にして1時間分の時給をカット

 

 

こっちのトラブルの方が多い思う、このトラブルはバイト先の上司としっかり調整しよう

1日くらいなら対したことなくても長期間続くようならそれはとんでもない金額になりますからね

時給900円なら10日で9000円の損しつ

 

8時〜17時までの勤務時間なら

8時〜18時までの残業時間として処理してもらうのが妥当です。
それなら誰も損をしない

なので自分の勤務時間はしっかりと把握しておきましょう。

もしかしたら休憩時間で損をしているかもしれませんよ

 

 

ではでは(^ω^)ノシ


スポンサーリンク




フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-仕事
-, ,