コンピューター 知識

パソコンが使えない大学生が卒業までにパソコンの達人になるにはどうすればいいのか?

2018/01/24

先日、スマホは使えるけどパソコンは使えないという若者が多いというニュース記事を読んだので

今回はパソコンが使えない大学生がパソコンを使えるようになるにはどうすればいいのか?

 

という話しをしようと思います。

 

 

どうも~学生時代はスマホなんか存在していなかった@kesuikemayakuです。

これにはビックリしています。

確かにスマホっていうデバイスを先に触ってしまうとパソコンなんか触らないかもしれません。

 

でもスマホとパソコンだったらまだまだパソコンの方ができる事が多い

近い将来、パソコンを駆逐してスマホのような小型デバイスが主流になるかもしれないけど

まだ、その時ではありません。

 

 

スマホが使いこなせるとは?

ぶっちゃけた話し、スマホが使いこなせるならパソコンが使えないわけがない

ここでのスマホが使いこなせるというのは

アプリでの文章編集とか画像の加工ができてTwitterとかFacebookに投稿できて

Googleでググれる(検索)できる人を言います。

他にも音楽編集とかもできたりしますが、基本、アプリを使いこなしてやりたい事ができる人の事を言います。

 

もちろんペイントアプリなんかは複雑な物は使いこなすのに時間がかかりますから除外です。

 

ここまで、できるならパソコンもそんなに苦労せずに使えるのが普通。

 

[SmartAds4]

大学生や一般的な社会人に求められるパソコンスキル。

それはMicrosoft officeのワード、エクセル、パワーポイントなどだろう。

資料を作成して印刷したり、パワーポイントでプレゼンをしたりできるのが最低限のスキル。

エクセルは関数などがあるけど基本を抑えてしまえば後はグラフを作ったりするだけなので簡単。

 

  • word・・・・資料作成ができる。
  • エクセル・・・売り上げ集計や在庫管理やグラフ作成ができる。
  • PowerPoint・・プレゼン用の資料を作成できる。

このくらいのスキルは必須になります。

 

工学系の学生のようにCADや3D CADを使いこなすわけでもないし、

プログラム言語を使いこなすわけでもないので簡単。

 

 

個人的には大学の卒論とかレポートがパソコンで書けてエクセルが使えれば社会に通用すると思う。

レポートを書いて提出するプロセスには写真の読み込みとかグラフの作成、文章作成やプリンターやスキャナーなど

いろいろな機器を使うのでパソコンスキルが最低限、身につく。

 

逆に大学卒業までに卒論が書ける程度にはパソコンスキルがないと社会人になってから困るかもしれません。

就職してMicrosoft officeを使っていない会社であっても基本的には同じなので安心してほしい。

 

まずは安いノートパソコンを購入すべし!

インターネットをするだけならスマホで充分なんだけど

大学でレポートを書いたりファイルをやり取りしたり

画像ファイルを加工したりするかもしれないからやはりノートパソコンは必須。

 

大学生から社会人に求められるパソコンスキルはMicrosoft officeのワード、エクセル、パワーポイントなので

別にネット接続はしなくてもいい。

パソコンを使って文章や書類を作る事に慣れておく事が大事です。

 

少なくともwordによる資料作成とエクセルの簡単な表計算ができれば問題ありません。

中古のノートパソコンなら約3万円で購入できたりします。

ドンキで売ってるノートパソコンも安いです。

 

ネットゲーム(MMO RPG)や動画編集なんかをしないのならば安いパソコンでOK

 

 

 

機械音痴は文字を読まない

パソコン音痴や機械音痴の原因は文字を読まない事だ。

例えば、Windows officeのワードで画像を挿入したいなら

 

 

ステータスバーから挿入の文字をクリックして画像ファイルを選ぶだけ

なのにパソコン音痴はそれすらできない。

 

 

勝手にパニックなってよくわからない操作をしてしまうのだ。

パソコン音痴、機械音痴の100%は画面とかリモコンの文字を読まない。

 

 

まずは深呼吸をして検索しよう。

 

大学生がパソコンを使いこなすには?

正直なところ細かい話しは抜きにしてスマホが使えているという前提で言えば

 

 

 

 

 

ググれカス!

 

いや、これ馬鹿にするわけでもなくネット検索してその都度やり方を調べた方が覚える。

パソコンに関する本で勉強するのもいいけど、パソコンがネットに繋がっていれば検索した方が早い。

 

パソコンが使える近道は検索力にある。

パソコンの検索さえ使えないならまずGoogleの使い方を覚えるべき

 

僕だってこのブログで文章を飾りたい時はGoogleでHTMLコードを検索して使っています。

とりあえずコピペですよ。

 

エクセルでグラフを作る方法もエクセル関数

ワードでの文字変換とかPDFファイルの作り方

パワーポイントにアニメーションを入れる方法

買ってきたCDをパソコンに取り込んでデータを吸い出す方法とか

プログラム言語の命令文だって検索すれば知る事ができる。

 

 

Google検索の方法

Google検索を効率的に行うなら

単語で検索する事だ。

 

例えば

【ラーメン】

で検索した場合、有名なラーメン屋さんが検索結果にでるはず。

こういうキーワードになる単語を使って検索していきます。

 

しかし、ラーメンだけではいささか範囲が広い

なので【ラーメン 渋谷】

これで検索をかけると渋谷のラーメン屋さんが検索される可能性が上がります。

でもこれではまだ不十分、今、僕は醤油ラーメンが食べたいので

【醤油ラーメン 渋谷】で検索をします。

 

こういった感じで複数の単語(キーワード)を使って検索をかけるのがいい

情報系の講義を取得してみる。

大学の情報系の講義にオフィスソフトの利用方法を修得するものはありませんか?
大学では、情報系科目にWordやExcelの基礎を身につけるための講義があったりします。
そういった講義ならば初心者でもわかるように説明してくれるので、最低でもWordで提出用のレポートを作成するための技量は身に付けることが出来ると思います。

 

 

そういった科目が無い場合は、パソコン教室などで練習する他無いと思います。
本を買って自習できるほどの真面目さや根気があれば別ですが。

 

 

 

MOS取得を目指してみましょう。

マイクロソフトオフィスの習熟度を表す資格として

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)というベンダー資格があります。

マイクロソフトの公式テキストを勉強すれば独学でも合格できる難易度。

 

資格取得すると履歴書にMOS取得と書ける。

「エクセルは使える?」と聞かれて

 

「MOSを持ってます」と答えると反応が面白いかもしれません。

ブラインドタッチを覚える。

パソコンを使う仕事をする場合、何百行と文章を書いたりします。

資料作成をする場合でも文章を早く書くスキルというのは必須です。

ブラインドタッチができるようになると文章を書くスピードが劇的に上がり

 

 

作業効率も高くなる、大学生のうちからブラインドタッチをマスターしておくと社会人になってから

仕事を終わらせるスピードが変わります

タイピングソフトなんかをインストールしてブラインドタッチを覚えてみるのもいいと思います。

 

ビジネスメールの書き方

ビジネスメールの書き方を覚えましょう。

大学4年にもなれば教授や先輩へのメールも増えてきます。

友達同士のメッセージではなくきちんとビジネスメールの書き方を覚えましょう。

 

書きだしや終わらせ方などしっかり覚えれば定年まで使えるスキルなのでしっかり覚えましょう。

 

まとめ

パソコンを使いこなすなら検索が上手くないといけない

技術的な事は大体検索すれば出てくる。

 

ブラインドタッチとかはフリーソフトをダウンロードして覚えてもいいし

文章をたくさん書けば自然と使えるようになるので問題ない

オン・ザ・ジョブ・トレーニングって奴ですね

 

ではでは(^ω^)ノシ

ブログ検索

 

アーカイブ

-コンピューター 知識
-, ,