Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

仕事 勉強

マインドマップの書き方と4つのルールって?誰でも簡単に使えて便利!

アイディアを出すのに便利なマインドマップですが

書き方というかルールがあります。

ブログの記事を書いたり小説のプロットや漫画のキャラ設定とかにも使えます。

 

 

就活前に自己分析をする人もいますが自己分析にマインドマップを使う人もいるようです。

@kesuikemayakuもブログ記事を書く時に結構、重宝しています。

マインドマップを作っておくだけでキーボードを打つ早さが倍くらいになるからねwww

 

思考が綺麗になるから整然とした文章になる。

何か書きものをする前に書いておくと大変いい文章が書けるんじゃないかと思います。

 

基本ルール

基本的なルールは3つ

  1. 最初にテーマを決め、中心に書く
  2. ブランチ(線を引く)を引いてから次の言葉
  3. 文章ではなくなるべく単語を使う。
  4. 頭が空っぽになるまでやる。

スポンサーリンク

 

最初にテーマを決め、中心に書く

最初にテーマを書きます。

テーマというのは深く考えたい事を紙の真ん中に書きます。

ブログとかレポートとかプロットでもなんでもいいけど

 

 

書くテーマを深堀するのが目的なのでまずそれを決める事がとても重要。

例えるなら根っこの部分です。

アイディアの種と言い換えてもいいかもしれません。

 

 

何について考えたいのかをしっかり把握しておく事がマインドマップのルール1

 

 

ブランチを引く

テーマが決まったら線を引いてから次の言葉を書く

この線をブランチ(枝)と言っています。

 

マインドマップは連想ゲーム的な思考方法なので単語だけ先に書くと訳が分からなくなります。

なので必ず

 

テーマ、ブランチ、連想される単語、ブランチ、連想される単語

 

とこんな感じで書いていく事が大切。

そうやっていくとブランチが広がって木のようになっていく。

スポンサーリンク

文章ではなく単語を使う

文章だと次の言葉が出てこなくなる可能性もある。

だから単語を書いていく。

簡単に言えば検索窓にキーワードを打ち込む感じです。

 

 

この記事の場合は

【マインドマップ 書き方 ルール】で検索したと思います。

こういう風に単語で書くと次の言葉が出やすくなる。

 

連想ゲーム的に単語をつなげていく事が大切でそれがいろいろなアイディアにつながる。

そうする事でテーマから何本もブランチが生えて大きな円状のアイディアブックになります。

 

一つのテーマでいろいろな視点、発想が産まれるためとても良いものが書けます。

 

頭が空っぽになるまでやる。

マインドマップでドンドン連想される言葉を出していきます。

そしてもう何も出なくなるまで書き続ける事が大切です。

一つのテーマに対してもう何も考えられなくなるまでアイディアを出す。

 

 

そうする事でいろいろなアイディアが産まれる。

ここまでやり込むのはとても疲れるけど後の作業がすごく楽になるので

頭が空っぽになるまでアイディアを書いていきましょう。

 

まとめ

マインドマップはテーマを決めてブランチを引きながらドンドン、連想される単語を書いて

連想できなくなったら最初のテーマに戻って別の視点からブランチを引いて連想する。

これを頭が空っぽになるまでやるのがポイントですね

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

アイディアの出し方とその手法とは? 紙とペンで誰でも出来る!?

仕事や勉強に使える3冊ノート術

マインドマップのiPhoneアプリ!何がおすすめ?そりゃSimpleMind+ですよ

フォローミ~


スポンサーリンク

-仕事, 勉強
-, , ,