Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

仕事 子育て

マタハラとは?流産の危険と防止策

マタハラとはマタニティハラスメントの略で妊婦さんに対する嫌がらせ全般ですね。

電車でのマタニティマーク問題とかもありますが、育児休暇を取るのが後ろめたくなるような企業というのはあまりもお粗末。

確かに妊娠すると遅刻や早退が多くなったり休みも多くなるかもしれません。

「仕事が遅くなる、つらい(ーー;)」

これがマタハラをする人の心理です。

子供を産むというのは女性の一大事業であり、最も優先されるものだと思います。

妊婦さんでも働いてほしい女性というのは長期休暇を取られるとまずいと感じる人材ではないでしょうか?

おすすえめ記事

一昔前みたいなお茶汲み要員だったら別にいらないはずです。

だから少しでも働いてほしいというのが企業の本音だろう。

ただ妊婦さんが業務中に流産するという事故も発生する。

責任感が強い日本人ですが、優先順位を間違えないでください。

出産が一番大事です。

産休・育児休暇を取らせてくれない企業というのは法律違反です。

産休・育児休暇の法律
女性労働者は、出産予定の前に6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、出産後は8週間の休業をとることができる(労働基準法第65条)。

女性労働者が申し出た場合、産前・産後の休業については、契約期間の有無にかかわらず会社はこれを与えなければならない。 (参考:「ポケット労働法」2-9母性を守るために )
育児・介護休業は、「日々雇用される者」、「期間を定めて雇用される者」を原則と して適用除外としている。また、新入社員などを労使協定で適用除外とすることもできる(育児・介護休業法第2条、第6条)。

会社は、産前・産後の休業や育児休業、介護休業を取得することを理由に労働者を不利益に取り扱ってはならない(育児・介護休業法第10条)。

法律はあるけど知られてない感じですね。

今の世の中、共働きが多いし、子供が産まれたのなら今まで以上にお金が必要になる。

なのに職場では妊婦さんへの理解がなく
仕事を辞めさせようとする。

社会の発展を阻害するような行為だと思います。

というよりも、マタハラをするような企業は余裕がなさ過ぎる。

1人が長期休暇に入ったら同僚への負担が大きくなりすぎるとか、そんなことはないはず。

少なくとも妊娠がわかって産休を取る前にいくらでも引き続きやら対策はとれる。

それをやらないで妊婦さんに嫌がらせをするのは間違い。

新人に仕事を教えるチャンスだと思うんだけど(ーー;)

それとマタハラをされた場合。
音声を録音しておくと良いですよ。

辞めるにしても仕事を続けるにしても有利になりますし、職場の女性に録音した音声を聞かせれば味方になってくれるはず。

女性であればいつ同じ立場になってもおかしくないですから。

マタハラから女性を守るために活動している団体もあるのであらかじめコンタクトをとっておくのも手です。

まだ、嫌がらせされてないけどいつ嫌がらせされても大丈夫なように知識と人脈を作っておくといいかもしれませね。

ではでは(^○^)ノシ

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-仕事, 子育て
-