Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

勉強

レポートの書き方!これでレポートを書く時、悩まない

スポンサーリンク

 

レポートの種類

レポートと言ってもいろいろ種類があります。

  1. 実験レポート
  2. 調べ物レポート(テーマを指示されている)
  3. 自由課題レポート

実験レポートは講義で実験した課題に対する調査書みたいものですから

比較的書きやすい、実際に手を動かしてやった事だしね。

 

調べ物レポートは大学の教授とかがテーマを決めてそれに対して調べて

レポートにまとめる

 

自由課題レポート、これが一番やっかいだ

自由課題なのである程度、自分の裁量で調べたり、実験したりできるが

レポートの作成には一番手間がかかる。

 

 

実験レポート

1.表紙

表紙にはタイトル(一目で実験内容がわかるもの)名前、一緒に実験したメンバーの名前や担当教授など

日付やクラスなどの基本情報を記載する。

実験系レポートに限らず、全てのレポートで表紙はつける。

例外として担当の教授に表紙はいらないと言われた時だけです。

 
2、目的

実験の目的と狙い、何を証明するためにまたは何を理解するための実験かを書いておく。

 
3、結果

実験方法とその結果を記載する。

実験中の写真や図を挿入するとよりわかりやすく書ける。

写真は一番大きいサイズで撮影すると後で加工しやすい。

画像ファイルの圧縮はできるけどファイルのデータ量を多くする事はできない。

実験が成功したのか失敗したのかを実験データと一緒に添付すれば説得力が増す。

 

 

4、考察

考察、実験結果に対する自分の考えを書いていく

どうしてこうなったのか?そこでこうならないのはどうしてか?

そういう自分なりの考えをまとめておく

 
5、感想

考察とは違い自分の思いを書いていく、大変だった事や面白いと感じた事など

実験に関する事を書いていきましょう。

実験レポートで高評価をもらうには?

実験レポートは読んだだけで実験が再現できるように書く

そして経過を観察する時に撮影した写真やグラフなどのデータを盛り込む

考察は実験結果から考えられる事に深く突っ込んだ事を書いていくと高評価になりやすい。

感想はまあ適当でも大丈夫、体裁さえ整えば問題ない

 

 

調べ物系のレポート

1、表紙

実験レポートと同じ

 

2、目的

何故それを調べるのか何について調べたのか?

どんな事を知りたいのかを書く
3、調べる方法

どんな風に調べたのか?調査方法ですね。

図書館で文献を読んだり、インターネットを使ったのか?

それとも現地に行ったり、現物を触って調べたのか?

 
4、わかったこと

調査結果をまとめる、図書館の文献や現地を調査した事などでわかった事をまとめる

 
5、感想

調査中のエピソードを交えて感想を書くと書きやすい

 

6、参考文献

参考にした本やサイトのURLを紹介しておく

 

調べ物系のレポートで高評価を得るには?

例えば

「新社会人について自由に論ぜよ」なんてお題の場合

書けるテーマはかなりあります。

 

その出されたテーマについて他人とは違う視点で深く切り込む事が大切

レポートを書くのが苦手な人は広く浅くまとめてしまう傾向にある。

 

誰でも少し調べれば分かるような事をレポートにまとめるよりディープな情報をまとめたレポートの方が面白い

 

 

 

自由課題レポート

実験系、もしくは調べ物系でも自由課題のレポートが一番大変。

自分である程度テーマを決めて行わないといけないからだ。

自由課題レポートは授業中(講義中)に気になった内容を深く掘り下げるような感じにしたりすると決めやすい

卒論は自由課題レポートになると思いますので書き方はマスターしていて損はない。

 

1、表紙

他のレポート同じ

2、目的

どうしてこのテーマにしたのかどんな事が知りたいのか?

他は調べ物系レポートや実験系レポート同じ

スポンサーリンク

 

自由課題レポートで高評価を得るには?

テーマを決めた経緯とその後の理論の展開、データそして結論がしっかりまとまっている事です。

 

レポートにおける3つの構成

  1. 序論
  2. 本論
  3. 結論

序論

いわゆる目的やテーマを決めたきっかけつまりレポートを書くきっかけを書く

 

本論

調べた事やデータの開示、それによりわかる事などを書いていく

どこで何を調べたのか?実験内容や実験データも本論ですね。

 

結論

調べたデータやわかった事をわかりやすくまとめる

本論と多少かぶっても大丈夫

考察などは結論に書こう。

 

 

レポートの基本

1、表紙をつける!

2、ページ数を表示する(今、何ページか分かるようにする)

ページの右上やページの下などにページ数を書いておく。

3、シワや汚れがない事

提出前のレポートはキレイなことが前提

4、タイトルは簡潔にわかりやすくする

5、参考文献やサイトのURLは必ず記載

 

まとめ

レポートもある程度書いてくとテンプレート化していくので

まずは書きなれておくと良いですね。

テンプレートを守るだけでもそれっぽくまとまるのでまずはこの記事に書かれている

テンプレートをマスターしてみてください

 

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク




フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加

 

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-勉強
-,