Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トラブル

レーシックに失敗するとどんな風に見えるのか?

スポンサーリンク

 

レーシック手術で視力を良くする事を考えている方へ

レーシック手術に失敗したらこうなるというのを紹介している動画を紹介します。

 

光の見え方

 

かなり変な見え方になりますね、この他にもレーシックに失敗するといろいろな症状がでます。

レーシックとは?

レーシックと言うと手軽なイメージがあるけど日本語に治すととんでもなく嫌なイメージになります。

角膜切削剥離焼灼矯正手術

 

何というか絶対に受けたくない響きなんだが(^_^;)

レーザーで角膜を焼ききって視力を最適化する

つまり、弱くなった眼筋に角膜を合わせる手術という事ですね。

 

レーシック失敗で起こる症状

・ハロ

光が滲んで見えるようになる。

強度の近視手術を受けた場合そうなる、瞳孔が大きい若者に多い症状

通常は3ヶ月で治る、症状が残っても歳を取れば消える。

 

・グレア

夜間にギラギラした強い光を見ると目が見えにくくなる

夜間の対向車が出すライトが眩しく感じる。

手術後数ヶ月で治る

スポンサーリンク

 

 

・過矯正

近視のレーシック手術をしたのに過度の遠視状態になることを過矯正と言います。

過矯正になると近くのものが見えにくく遠くのものが見えるようになる

焦点の調節に負担がかかり、頭痛、首や肩の凝り、めまい、吐き気、全身倦怠感のような自律神経失調症、時にはうつ症状を引き起こす

 

・不同視

近くも遠くも見づらくなったり、
距離感が掴めないといった利き目の逆転現象が起こる。

本来、優位眼(利き目)はわずかに遠方にピントが合っており非優位眼(利き目ではないほう)はわすかに近方にピントが合っているのが理想です。

近視レーシック手術で非優位眼に強く矯正が入り、優位眼に弱い矯正が入ると

焦点のバランスが崩れてしまう。

利き目が逆になってしまう事もあります。

 

 

・矯正不足

レーザーの照射量不足による。術前検査のデータを基にレーザー照射量を決定しても

角膜の厚さやカーブの度合い、手術室の温度や湿度によって影響を受け、狙い通りの視力にならない事がある

 

・不正乱視

フラップ(レーシック手術で、角膜を切り開くときにできるフタの部分)

フラップを戻した後、微妙なズレやシワができ、これが原因で不規則な乱視が起こる場合がある。

ッパー角(視軸と眼軸のズレ)を考慮せずにエキシマレーザーを照射すると、
偏心照射が起こり不正乱視が生じることがある。

 

・視力低下
術後、屈折矯正効果の戻りなどの変化が起きることがあります。
角膜のレーザーで削られて薄くなった部分が突出してくるためではないかと考えられています。

多くの場合はレーザーの再照射(再手術)によって補正できるが残った角膜の厚みや矯正度数の問題で再手術出来な場合もある。

 

・コントラストの低下

暗い場所に入ると見え方の鮮明度が低下する、レー絶句やエビレーシック後に角膜混濁が起こった場合や強度の近視で手術を受けた方、瞳孔が大きい若い方などに起こることがあります。

 

・視力の日内変動

視力が日によって変わってしまう。今日は見えたけど明日は見えないとかそんな感じ

薄くなった角膜が眼圧の影響を受けて屈折力を変化させるために起こる。

コンタクトレンズを常用していた人に起こりやすい

 

 

まとめ

レーシックに失敗すると結構、リスクがありそうです。

過矯正とか不同視、視力の日内変動とかやばいですね。

車の運転とかできなくなりそう。

 

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

 

No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-トラブル