Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トリビア

ロイヤリティってどんな意味?

スポンサーリンク

 

 

ロイヤリティとはノウハウやレシピ、お店の名前、特許技術、制作物などを貸し出す時や販売した時に支払われるお金の事だ。

 

ロイヤリティの相場は契約によって決められる。

 

研究者の研究結果とかを借りて新製品を作る場合などにもこのロイヤリティ契約は必須

またソフトのライセンス契約などもロイヤリティという事になる。

 

 

僕らの身近な所で言えば、ファミレスやコンビニのフランチャイズだ。

 

また、アーティストが作った曲をカラオケの機械に登録するのもロイヤリティが発生する。

後は、Kindleストアの電子書籍とかにロイヤリティが発生します。

これは印税です。

 

つまり、ロイヤリティとは持ち主から必要な物や権利を借りて商売する事をいいます。

スポンサーリンク

 

 

ロイヤリティには「ショップのロイヤリティを高める」などの使われ方をする事があります。

実は日本ではロイヤリティという言葉が2種類あってそれがごっちゃになっているからです。

 

 

冒頭で紹介したロイヤリティは

「ロイヤルティ(royalty)」という意味で

ノウハウやレシピ、お店の名前、特許技術、制作物などを貸し出す時や販売したりするとお金が支払われる契約を意味しますが

もう一つ「ロイヤルティ(loyalty)」は、誠実・忠義・忠実の意味で、
会社やショップなどに対する親密性や信頼性を指します。

 

僕の意見としてはロイヤリティとロイヤルティで使い分ければ問題ない

実際のところ、世間ではロイヤリティとロイヤルティで分けて使っている。

 

ロイヤリティが支払われるもの

  • コンビニフランチャイズ
  • ファーストフードのフランチャイズ
  • ファミレスのフランチャイズ
  • 特許技術
  • 本の印税
  • アーティスト楽曲
  • 商標など

ロイヤリティを支払わなくてよいものはロイヤリティフリーと呼ばれています

 

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-トリビア