Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

日記

七夕ですね、日本の七夕、起源は?

2014/07/27

2014年の七夕は7月にしては過去最大の台風8号が接近中という

夜空を見るには最悪の天気です

台風が過ぎた後なら空にある汚れや雲を全部吹き飛ばしす、台風一過の後なので最高なんですが(−_−;)

七夕をしている国は中国、台湾、日本、韓国、ベトナム

もともと中国の行事でだったんだけど
奈良時代に日本に伝わり、

元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた言葉である。

日本は島国のせいか他のアジア圏の国とは考え方が違うみたいです。

大陸だと水は全てを押し流す悪いものとして扱われることが多い。

中国だと黄河とかあるけどあれが氾濫したら大変だもんな〜

スポンサーリンク

 

日本では水は穢れを流す神聖なものとして扱われます

海、一つ挟んでいると考え方が変わるものですね

日本の七夕は本来の彦星、織姫の話と棚機津女の話が混ざっているそうです。

棚機津女は、水辺で機を織りながら神の訪れを待つ少女のことで。

『日本書紀』は、ニニギ命(瓊瓊杵尊)の妃となるコノハナサクヤ姫(木花開耶姫)を、
「神代下第九段一書第六」において、「かの先立つる浪穂の上に、

八尋殿(やひろどの)を起(た)てて、手玉も、もゆらに、機織る少女」というように棚機津女として描いている。

中国の織姫、彦星とは少し違うそうです

中国では「織女(しょくじょ)」と「牽牛(けんぎゅう)」と言います。

また、中国では織姫は「天帝」という創造主の娘であり、二人は身分違いの恋をしていた事になっています。

余りにも織姫と彦星がイチャイチャし過ぎて、織姫が機織りをやめてしまうのです。

怒った天帝が二人を引き離したというのが中国版のようです。

織姫と彦星のような

周りが見えなくなるくらいの恋をしてみたいですね

ではでは(^O^)ノシ

-日記
-