Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トリビア

上納金って何?どんな意味のあるお金なの?暴力団で使われているシステムみたいだけど本当のところはどうなの?

スポンサーリンク

 

上納金というのはもともと閉鎖的な社会で上位のものが下位の者からお金を納めさせる事を言った。

法的根拠はもちろんなく、俗語的な意味でロイヤリティを指す場合がある。

 

いわゆる会費みたいなものですね。

 

会費ではなく「義理がけ」というのもあって名目上好意でお金を納めているという場合もあります。

 

このシステムは今でも使われていて主に暴力団とかの非合法組織で。

つまり、末端の組員は親分にお金を納める事で○○組という暴力団の看板が使えるようになる。

暴力団の看板があるかないかで信用とか相手を畏怖させる効果もある。

 

最近では露骨な行為はないと思うけど○○組の組員だと名乗ることでビジネスが上手く行く。

単なるチンピラが取引にきてもまず、相手にしないが○○組の組員なら取引できるという感じですね。

 

末端の組員は幹部に上納金を納めて親分は基本、何もしなくてもお金が集まる仕組みになっています。

 

つまり、幹部は違法なビジネスをしなくても遊んで暮らせるため逮捕される危険は少ない

逆に末端の組員は毎月の上納金を払うために麻薬の売買など違法なビジネスに手を染めないと払えなかったりします。

それほど高額なお金を納めているというわけです。

 

 

とんでもない金額を請求してくる事を除けばロイヤリティに似ているのかもしれませんね。

 

上納金を納める変わりにトラブルの時は幹部に頼る感じなのかもしれません。

そうじゃないと誰も払わないだろうし、メリットもない。

大きな組になれば月に100万円くらいの上納金を納めないといけないという所もあるそうですよ。

 

僕は暴力団は向いてないな~そんなお金を納める気にならないから

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク



フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加

No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-トリビア