Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

日記

中国人の反日感情ってやばいな~ 反中デモで日系企業が中国人を救出→ネットで非難

ブログ更新をメールでお知らせ

メルマガ登録

[subscribe2]

ニュースサイトで日系企業が中国を助けたってニュースがありました

今、ベトナムじゃ反中デモやってますからね

 

記事抜粋

日系企業が中国人ら6人救出 中国ネットで“賛否”
2014.5.17 15:52 [中国]

【上海=河崎真澄】南シナ海での中国の石油掘削作業をめぐり反中デモが起きたベトナムで、

暴徒に包囲されて工場内に逃げ込んだ中国人ら6人を、近隣の日系企業が貨物輸送を装ったトラックで救出したとする香港での報道に対し、

中国のネット上では、「良い日本人もいる」などと評価する声と、「日本人は利益のためなら何でもする」といった“屈折”した否定論が交錯して広がっている。

ソース

http://megalodon.jp/2014-0518-1609-13/sankei.jp.msn.com/world/news/140517/asi14051715520011-n1.htm

 

助けたのに非難されるとかどんだけ日本人が嫌いなんだ?

中国人

 

中国人の反日感情ってなんなのよまったく

それなのに中国の富裕層は日本に来るんだよな~

それが謎だ。

 

 

謎を解く鍵は中国の反日教育にある

中国共産党は日本を仮想敵国としてみていて

徹底的に反日教育

 

 

日本がいかに野蛮で利己的で中国人はその被害者だと叩き込む教育です。

YouTubeなどで反日教育の動画が見れるのでそれを見てください

日本の教育じゃありえないことまでやっています。

 

 

中国では「日本を憎め!」と教育されるわけだけど

その反面、中国の富裕層はよく日本に観光旅行にきます。

 

 

日本の家電を【富豪買い】したり、日本のAV女優に変な憧れをいだいているようです。

中国ではインターネットの規制が厳しく。

 

FacebookやTwitterができない代わりに

中国産のSNSを使っています。(中国共産党が監視)

なので本来なら正しい情報は入ってこないはずですが。

 

 

富裕層には独自のネットワークというか人脈があるから

正しい情報が耳に入るのでしょう。

 

 

それにしても人助けしたのにネットで非難するとか

やっぱりおかしいよな~

スポンサーリンク

 

 

ついでに反日教育に使われる

南京大虐殺とか従軍慰安婦とか

中国の意見とか証拠は大体、ウソか捏造なので

日本人は間にうけないように。

 

 

南京大虐殺は虐殺された中国人が

30万人とか

 

20万人とか

 

少なくなると数千人から数万人なる。

 

日本って無抵抗な一般市民を殺すような文化はなかったはずなんだけど(´Д`;)

近代に入ってから日本人が急変したことになっちゃうだよなこれじゃ。

 

 

まあ、真偽は定かじゃないけど中国の主張は国際裁判にもちこんだら否定されるものばかりだと言わせて欲しい

 

従軍慰安婦にしてもひどい

 

中国人の慰安婦は30万人いたとか主張しはじめますから。

 

たしか、韓国は20万人だったかな?

 

それに加えて日本人の慰安婦もそれなりにいたし、他の国の慰安婦もいた

数がおかしいだろwww

 

大陸にいた日本軍の兵数が100万人いたとしても

普段は任務があるから慰安所にいけないし

 

もし中国と韓国の主張が正しいとしたら

日本人はどんな兵士にも最低1人の慰安婦がついていたことになるし

 

もしくは慰安婦がどんどん死んでいることになる。

 

そうなっていたら世界中から日本は攻撃されて日本列島とか変形するくらい

ボロボロにされてたんじゃない?

 

 

話がずれたな閑話休題

 

 

そんなわけで反中デモのなか中国人を助けた日系企業の人たちが中国人から

非難を受けるのは中国政府の狙い通りというわけ

 

 

中国共産党は日本人はいつまでも日本鬼子でいてほしいのでしょうね

 

中国は日本を小日本とばかにしますが

日本はそういう感情に対して興味がないから

対立が起こらない

 

実際、日本にとって中国は迷惑な隣人でしかない

尖閣諸島のこととかもあるけどあれどうなったんだ?

 

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 
ブログ更新をメールでお知らせ

メルマガ登録

[subscribe2]
 

 

 

 

 

 

 

 

 

No tags for this post.

-日記