仕事のやり方を変えるヒント

二度寝しない方法おしえてやろう!素早く布団から出る事がポイント

二度寝して遅刻してしまったなんて経験は誰でもあると思いますが

二度寝しない方法というのがなかなか難しい、朝のぼんやりした時間にお布団はまさに強敵。

優しくお布団に包まれていたら起きれるものも起きれない!

二度寝を防ぐコツ、二度寝しない方法というのは素早く布団から出る事だ。

目覚まし時計を遠くに置く

目覚まし時計のアラームを止める時に一回立ち上がって歩かないといけない距離に目覚まし時計を置く。

そうすると必然的に起きるしかなくなる。
そのまま布団に戻らずに朝の準備をすれば二度寝はしない。

目覚まし時計を複数置く

朝、起きれない人への荒療治で部屋に複数の目覚まし時計を置く。

アラームが一斉に鳴るので朝から動き回らなきゃいけない。

朝からうるさい音で起きるから目はぱっちりです。

ストレッチ

ストレッチをして体の血行を良くする事で体を起こしていく。

ストレッチは毎日やれば体の柔軟性も上がるのでお得です。

ちょっとした屈伸とか前屈をするだけでも目が覚めます。

水を飲む

朝一番の水分補給で体を目覚めさせます。
朝一番の水はお通じも良くなるから一石二鳥ですね。

何よりも手軽に実践できます。

コーヒーを飲む

泣く子も黙る、カフェインたっぷりのコーヒーを飲んで体を覚醒させる。

ホットでもアイスでもいいのでとにかくコーヒーです。

コンビニとかで売ってるペットボトルのコーヒーなんかはオススメ。

顔を洗う

冷たい水で顔を刺激する事で頭を覚醒させます。
ついでに目ヤニとかもとれるから一石二鳥ですね。

座らない

朝、起きたら家を出るまで座らない。
横にならない、立ったまま寝る人もいますがそれは極度の疲労状態の時です。

普通なら立った状態であれば寝る事はありえません。

まとめ

とにかく朝、起きたら布団に入らず頭を覚醒させていけば二度寝なんてしないと思います。

この記事では複数の案を紹介しましたが自分に合った方法を試してみてください。
ではでは(^○^)ノシ

ブログ検索

[SmartAds4]

アーカイブ

-仕事のやり方を変えるヒント
-, ,