個人のSNS活用法

個人情報の漏洩を防げ!原因はTwitterとかfacebookなどのSNS?

2016/09/20

個人情報の流出が問題になってますよね
ベネッセやソニーなんかも個人情報を流出させました。

個人情報の流出は何も企業だけの問題じゃない。

 

企業が個人情報を漏洩させるよりも個人が個人情報を漏洩させるケースの方が多い。

何気なく使っているブログやTwitter、Facebookなんかからも個人情報は漏洩する。

個人情報を漏洩させないためにはどうすればよいのだろうか?

 

 

個人情報には

住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、SNSのアカウントなどの他に

あなたの行動範囲、趣味、性癖、性格、
コンプレックス、買ったものなどがある。

 

 

ぶっちゃけ住所や氏名、年齢、電話番号、メールアドレスなんかはもう名簿屋に売られていると思っていい。

住所は車のナンバーがわかれば陸運局で簡単に調べられる。

何かに登録したり、何かに所属したりすればその手の情報は残る。

 

男性向けの雑誌に掲載されいる出会い系サイトなんかは一発でメールアドレスなんかの

個人情報が出回る、一つのサイトに登録したはずなのに10サイトくらいからメールがくるのはそのため

 

 

 

 

個人のブログやSNSも狙われている

そんな情報が流出しているのは営業の電話が多いのを見れば明らかだ

個人のブログやTwitter、facebookなどのSNSからも日々、個人情報は狙われ続けている。

こう考えると怖くてTwitterやfacebookが使えなくなるかもしれない。

うかつなことを投稿すれば危険な目にあうかもしれない。

 

 

 

例えば

「今、渋谷にいます、」

とツイートした後に

「○○で□□買ったよ〜」

と、すぐに投稿すればあなたの居場所がある程度わかる。

更にアイコンの写真に自分の写真を使っていたら見つけてください言わんばかりだ。

こういうミスを防ぐにはタイムリーに自分の行動をツイートしない投稿しないことが重要。

 

 

個人情報の漏洩させないためには?

なるべくTwitter上で個人情報を流出させないためのコツ

まず、自分の居場所を特定させるツイートはさける。

電車の路線名はいいけど駅名はツイートしない。

 

 

日常の風景を頻繁にツイートしない。
これであなたの行動範囲を特定する

個人情報の流出ある程度防げます。

 

 

メールアドレスはもちろん、電話番号の登録もしないようにしましょう

更に言えば位置情報を表示したりする機能もあるのでそういう機能も軒並みオフにします。

後は垢バレしないように注意すればいいだけです。

 

 

何故、個人情報は狙われるのか?

ネットで何かを投稿するというのは自分の情報を公開するのと同じだから気をつけてほしい。

趣味や嗜好の情報と住所や電話番号の情報が揃うと商売をしている人や詐欺師にとっては有利だ。

例えば釣りが趣味の人に釣竿を売ったり、釣りがたくさんできる旅行のパンフレットを配ったり

やみくもに配るより効果的だ。

 

 

 

 

 

彼女(彼氏)欲しい、結婚したいとSNSに投稿する人には結婚詐欺師が来るかもしれない。

詐欺師に狙われ安い情報は

電話番号、住所、後はコンプレックスです。

 

 

コンプレックスがあるということはその解決法をしめしてやれば

みんな喜んでお金を払う。
詐欺でなければ良いのですが
詐欺だとひどい目にあう。

個人情報の流出を気をつけよう。

 

まとめ

ブログやSNSからの個人情報の漏洩はある程度の努力で防げます。

ただ、絶対ではないのでそれが怖い人はSNSを止めた方がいいですね。

 

個人のビジネスマンや詐欺師がSNSで仕掛けてくるのはDMやメッセージなので

いきなりお金の話をする人や突然知らない人からのメッセージには気をつけましょう。

 

 

それは個人情報が流出した結果かもしれません。

もちろん素敵な出会いであるかもしれませんが警戒は忘れないでくださいね

ではでは(^○^)ノシ

関連記事

中学生でもわかる!ワンクリック詐欺の神対応とは?基本相手にしない事です。

架空請求は無視しないとだめ、下手に構うと大変な事に

ワンクリックで個人情報が漏洩?そんな事は絶対にない

偽装サイトにご注意!見破るコツを紹介します。 Amazonに偽装したAmozonで説明します。

ブログ検索

[SmartAds4]

No tags for this post.

アーカイブ

-個人のSNS活用法