Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

仕事

偽情報や偏向報道に踊らされないために知っておくべき事。

2016/09/22

よくネットやテレビでは嘘の情報や偽情報が出回ります。

今回はネット上に広がった偽情報を見破る方法を紹介しよう。

何故、ウソが広まるのか?

ネット上でウソが広まるのは意図的に広めた場合、愉快犯、確信犯もいますが。

勘違いである場合もある。

 
単純に言って伝言ゲームの聞き間違いみたいなものです。

そういう物があるからネット上の情報は精査する必要がある。

公式発表が全て

Twitterなどで拾った情報を精査する時は
必ず公式サイトなどを確認する必要がある。

政治家の失言なんかもテレビの報道を見た後に内容の全文を読んだら失言でも何でもない何て事がわかったりする。

最近だと自民党のある議員が「アメリカの黒人は奴隷〜」と発言したみたいなニュースがあったけど

正確には「アメリカの黒人は、奴隷だったけど今では大統領になる人もいる、これだけ大きな変化をした」というニュアンスで語られていた。

 

 

こういう偏向報道というかインパクトの強い部分だけを切り取って報道する場合があるので注意。

他の事例を挙げればLineのサーバーにトラブルがあったのはお味噌汁をこぼしたから

なんて偽情報が蔓延した、これは見る人が見ればウソだと分かる。

 

 

Twitterにはなりすましがいるので大きな企業などの情報は公式マークがついているものか

公式サイトで公開されているTwitterアカウントからの情報を信じるべし!

スポンサーリンク

偽情報を見破れない人の特徴

嘘を見破れない人の特徴として感情的になりやすいというのがあります。

TwitterなどのSNSはすぐにコメントが投稿できるため、コメントしてスッキリしたら終わりという人が圧倒的に多い、熱しやすく冷めやすい人は偽情報に踊らされやすい。

 

SNSやネットで情報を精査しない人が偽情報に踊らされる。

今の若い人20~30代はテレビはいい加減だという事に気が付いています。

しかし、ネットに接続する事がない人は容易に偽情報に騙されます。

現地の人に聞いてみる

公式サイトや公式発表がないまたは信用できない場合、現地の人に聞くのが1番早い。

現地の人間なら当たり前に知っている情報なのですが。

現地から離れると偽情報が飛び交うような情報ってありますよね。

 

 

例えば、福島です。東日本大震災から5年ですが原発の問題や放射能の問題などがあるみたいですが。

結構、現地の人間は平気な感じで生活しているように感じます。

 

 

本当に安心して暮らしているのかなんて実際に生活している人にしかわからない。

そういう時はFacebookなんかで福島に住む人がいるなら聞いてみると確実。

スポンサーリンク

現地に行くのが確実

ネット上の情報だけじゃ真偽が確かめられない場合、実際に現地に行って調査するのが1番。

ネットの視覚に頼った情報ではなく生の情報を得る事ができる。

まとめ

偽情報に踊らされないようにするには
公式の情報を得る(一次情報)
感情的にならず冷静にニュースなどの情報を読む

 

 

Facebookなどを活用して現地の人と情報交換する

Twitterなど情報がドンドン変化するから話半分だと思った方がいいですよ
ではでは(^○^)ノシ

関連記事

マスゴミが偏向報道をする理由とは?お金儲け主義のテレビや新聞に辟易

プレスコード30項目がマスコミの偏向報道の原因か?

【悲報】もう騙されない!マスコミの偏向報道を許すテレビが信用できない理由とは!

インターネット上での情報収集のコツって?知りたい知識を正確に得るには?

スポンサーリンク



フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加


No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-仕事