Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

銭ゲバ

働かない生き方ってできるの? 収入さえ確保できりゃなんとかなる。

働かない生き方に憧れを持つ人って多いと思います。

働く事は大切ですがギスギスしたサラリーマン生活をしていたり

給料の上がらないフリータをやってる人は一回は考えた事があると思います。

 

 

働かずに好きな事をやっていたいな~

そう思った事がない人はいないと僕、@kesuikemayakuは思うわけです。

現実問題、お金がないから働かなきゃいけないわけです。

 

 

今回は働かない生き方を考えて書いていこうと思います。

 

これは働かない生き方ではなく依存

働かない生き方を考える前にこの方法は働かない生き方ではあるけど

それに依存してしまうカッコ悪い生き方なので除外する事を書いていきます。

  • 親に養ってもらう
  • 女に養ってもらう(ヒモ)
  • 生活保護
  • ギャンブルで生計を立てる(パチプロなど)

親に養ってもらうのはカッコ悪いです。

普通に考えたら両親が死んだら何にもできない、おじさん、おばさんが残るだけで害悪

当然、結婚なんてできないし、面白い事が何にもできない

 

 

女に養ってもらう、いわゆるヒモ野郎ですが、これは女の子の代わりに家事全般をしたり女の子のアフターケアをしなきゃいけなかったり

意外と仕事があるものです、しかしながら女の子から飽きられたら終わりです。

歳を取ればモテなくなるし、一生できる事じゃない、バリバリのキャリアウーマンと結婚できれば問題ないのだろうけど

自分の力で生きているとは言い難い、結婚して家事を切り盛りして子育てするならまだしも、ヒモってそういう事しないからな。

 

 

生活保護、これはとにかくカッコ悪い、世間からみたらお荷物なわけで生き方というよりもかろうじて生かされているに等しい。

毎月、お小遣いをもらって生きているという点では親に養ってもらうとか女に養ってもらうのとほぼ同じ

 

 

ギャンブルで生計を立てるというのはクズ、安定感0ですし、日本にあるギャンブルで確実に勝てるギャンブルは存在しません。

というのもギャンブルは全体的に見て必ず胴元、運営が勝つようにできているからです。

そんな出来レースで生計を立てるなんて危なすぎる。

以前、コンビニでパチンコ漫画を立ち読みした事があるんですけど

平気で10万円とか使っているのにびっくりしました。

 

 

正直、頭がおかしいとさえ思いますね。

 

働かず生きていくにはいくら必要?

世の中、お金がないと生きていけません。

日本は資本主義の国ですから何をするにもお金がかかります。

では一ヶ月、最低限、文化的な生活をするにはいくらのお金が必要なのでしょうか?

 

この辺りは生活保護の金額を参考にしましょう。

大体、月に10万円以上あれば普通に生活できるようです。

 

たしかに家賃の安い家を借りて電気代や水道代を節約しながら生活すれば普通に生活できそうです。

スポンサーリンク

 

10万円を安定的に稼ぐには?

毎月、10万円を稼ぐにはある程度の資産が必要です。

それこそ本を書いて出版したり、作曲した曲を販売したり

 

 

アフィリエイトとしたりYouTubeに動画をアップしたり

コツコツと資産を作ったり。

 

 

株券を買ったり、国債や社債を買ったりして資産を蓄える必要があります。

働かない生き方をするためには資産が必要不可欠。

 

ただ、コツコツと勉強して作業をしてコツコツと資産を積み上げていくことが一番の近道です。

 

CHAGE and ASKAのASKAも資産で生活していた

薬物乱用で二回目の逮捕になったASKAさん、彼は自分の歌の印税や作詞家としての印税も貰っていました。

なので、仕事を全くしなくても生きていられたというわけです。

こういう風に書くと資産が悪いものみたいになりますが、有名人でお金を持っていると悪い奴が近づいてくるもんなので

 

 

無名な一般人には関係ないです。

働かないで生き方の実例は腐るほどあります。

親の遺産とかで働かずに生きられる人もいるみたいですが、暇を持て余していると悪い奴につけ込まれるというお話です。

 

 

芸能人とか有名人は意外と資産を持っていたりして引退しても優雅に生活している場合もあります。

資産からの安定収入が悪い結果を産む場合もあるという事です。

 

 

ただ、働かない生き方をするためにも印税みたいな不労収入は必要不可欠

むしろないとできないですね。

働かない生き方をするために死ぬほど働く時期がある。

働かずに生きるためには死ぬほど働かなきゃいけない時期があります。

矛盾するようですが事実です。

普通に働くのではなく、資産を構築する働き方をしなきゃいけません。

 

 

資産を構築するというのは持っているとお金が稼げるもの

セットしておくと勝手に販売されてしまうものを作っていく事が大事。

 

ただ、資産を作るのは普通に働く何倍も大変、普通にサラリーマンをやってた方が楽だったりするかもしれません。

 

働いて作る資産の一覧

  • フランチャイズ
  • アフィリエイト
  • YouTube動画
  • 自費出版
  • 作曲した曲を販売
  • ブログ
  • ネットワークビジネスのネットワーク
  • 会社のオーナーになる

自分で会社を立ち上げてフランチャイズ展開をする。

フランチャイズからのロイヤリティだけで生活する。

 

アフィリエイト、ブログなどのメディアに広告を貼りクリックや商品購入などのアクションがあると

報酬が支払われる仕組み。

 

YouTube動画には広告が表示されクリックや再生回数によって報酬が支払われる

自費出版はAmazonのKindleなど電子書籍を無料、電気代、ネット接続代で出版できます。

売れるかどうかはあなたの宣伝しだいと言った所です。

 

作曲した曲をデータとして売る事もできます。

iTunes storeとかで販売できますよ。

 

ブログもアクセス数が伸びると企業から広告を掲載させてほしいとか

ブログの内容を出版したいなどのオファーがきたりします。

そうなると月々の報酬というかブログに場所を貸している分のお金が支払われます。

 

 

ネットワークビジネス、いわゆるマルチ商法でネットワークを作り安定化させる

安定化させてしまえば定期的に収入が手に入るのでいいです。

 

 

会社を立ち上げてオーナーになる。

例えばレストランを作って経営を全て雇った人にお願いするという事です。

お金の管理も社員教育も全て経験のある人にやらせる形にする事で自分は何もせずに

収入が入る仕組みを作ります。

 

他にも金融商品を買い込んで配当金などで生活できるようにするなどしなきゃいけない

そうなってくるとお金もかかるし、地道な仕事が必要不可欠。

すぐに利益がでない分、サラリーマンの仕事よりも苦行になります。

 

ただ、サラリーマンと違って結果が出れば二次関数のグラフ並みに収入が上がる。

最初が辛いけど、やればやるほど楽になっていくのがいい所ですね

スポンサーリンク

 

家賃を考える

資産がある程度積み上がって月10万円以上の収入があれば働かずに生活できます。

しかし、働かず収入も働いている時よりも低いはずです。

そんな時は収入と支出のバランスを考えた方がいいですね。

 

 

ぶっちゃけ、家賃が高くないですか?

今、住んでいる家って職場の距離とか最寄駅が近いとかいろいろあって

首都圏だと普通に5~6万円しませんか?

 

 

たしかに仕事をしていれば時間を節約するためにも通勤時間の短縮は必須です。

しかし、働かないのであれば、近所のスーパーやコンビニに買い物へ行く程度しか

必要な外出がないのなら、別に場所を気にする必要はありません。

 

不動産屋さんで【部屋まる】という不動産屋さんのサイトで6万円以下の部屋を紹介していました。

ちょっとサイトをみましたが家賃が14800円とか常識が崩れるような金額のものもありました。

 

食事は自炊せよ

家賃の次は食費ですね、節約の定番とも言えます。

食費を抑えるには自炊が一番です。

コンビニの弁当やらファミレスのハンバーグばっか食べてたら

 

 

栄養バランスが崩れますからね、健康的な生活はバランスの取れた食事からです。

とは言え結構、面倒なんですけどね。

最近じゃクックパッドとかでレシピが見れたりするしSNSでもたまに料理のレシピを投稿していたりするから

 

 

それを見たらいいと思います、YouTubeにも料理をメインに動画をアップしている人もいます。

そう考えるとレシピのレパートリーが少ない人でも安心ですね。

 

働かない時間は好きに使える

働かない生き方をすれば仕事をする時間がまるまる使えるわけです。

その時間を使っていろいろな事ができる。

勉強してもいいし、遊んでもいい

 

働いてもいいwww→本末転倒でしたww

旅行してもいいし、家に引きこもっていてもいい

趣味に没頭してもいいし、本当に好きなように時間が使えます。

 

これは大きいですね。

 

働かない生き方のデメリット

働かない生き方のデメリットとしては自己管理は自己責任で

誰にも強制されない事です。

会社という組織に属していれば会社に出勤する時間から退勤する時間まできっちり管理されます。

 

好きな時に休憩したり好きな時にご飯を食べたりできません。

そのため規則正しい生活をする事ができます。

・・・・・ブラック企業でなければ

 

 

働かない生き方をする場合はそういう決め事は自分で決めないといけません。

なので何時、ご飯を食べていつ休憩するかを自由に決められるのですごく自堕落になってしまう可能性があります。

 

まとめ

働かない生き方というのはお金を使わない生き方じゃなくて資産を作って

安定収入を作る事からはじまる生き方だと僕は思います。

 

つまり不労収入を作る事が働かない生き方の第一歩です。

しかし、不労収入を得るためには死ぬほど勉強して死ぬほど働かなきゃいかんというのがネックですね

じゃないと時間がかかりすぎてしまいます。

 

 

資産がなくても短期アルバイトや治験なんかでも稼げるんですが、それは働かない生き方とは言えません。

他にも日本の短期バイトで1ヶ月がっつり働いて3ヶ月は生活費が安い外国で生活する外こもりなんてのもあるみたいです。

 

 

僕結論としては不労収入を10万円以上作り、後は低収入でも暮らせる家を見つければ働かずに生きていけるというわけです。

すごいですねwww

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

 

ブログ検索

ブログ検索

-銭ゲバ
-, , , ,