Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トリビア

働きアリの法則の2割は働かないというのは嘘、実は○○だった!

よく働きアリの法則とかってあるけど

あれって実は理にかなった方法らしい。

 

 

8割の働き蟻は働いて残りの2割は働かない働きアリがいるとか

もっと細かく言うとめちゃくちゃ良く働くアリが2割で普通に働くアリが6割で働かないアリが2割とか言われています。

8:2の法則とか2:6:2の法則みたいにいわれていますが

 

 

あるニュース記事を読んだら北海道大がシワクシケアリを1匹ずつ色を塗って飼育した結果

必ず同じアリが働かないわけではないという事がわかったそうだ

 

ソース

<働かない働きアリ>集団存続に必要 働きアリだけは滅びる

スポンサーリンク

最初に働いていたアリが休み始めると働いてないアリが働き始めるそうです。

って単にローテーションを組んでいただけじゃない?

 

もっと詳しく調べたら1日働かないアリと疲れたアリと交代しているアリがいそう

つまり働かない働きアリは単なる休憩、もしくは休日であっただけになる。

 

やっぱり人間からするとアリって見分けがつかないからな

これが人間の組織ならローテーションを組んで休憩をとっているだけだってわかるのに

 

この働きアリの法則は理想的なローテーションパターンなんじゃないか?

スポンサーリンク

日本人は働きすぎとか良く言われるけど

働きアリの法則をちゃんと取り入れるとブラック企業は減るんじゃなかろうか?

 

例えば毎日、仕事をするとして10人の社員がいるけど毎日2人は休み

そして残った8人のうち2人が休憩するスタイルとかどうだろうか?

 

実働は6人だけどローテーションを組んでいるから単純作業とかかなり楽になるんじゃなかろうか?

目先の利益に目がいって社員を数年で潰してしまうようなブラック企業はアリを見習ってほしいものですね。

 

働きアリが2割働かないのは全員が疲れて動けなくなるのを防ぐために必要な事だった

人間が作るシステムよりもアリのシステムの方が優れている気がしますね(^_^;)

 

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク



フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加


 

No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-トリビア