Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

スポーツ

剣道三倍段の意味とは剣道経験者的な考察

2016/02/03

剣道三倍段なんて言葉がありますが

あれは素手の相手が剣道経験者に勝つには3倍の段位がないと勝てないという意味ではなく。
素手で勝つには相当な技術がいるというだけの話なのですが。
これは相当難しい。

まず攻撃力が違う。

木刀はもちろん竹刀もイメージと違って凶悪な攻撃力を持っている。

小学生でも竹刀を振るえば成人男性にアザをつけられる。
成人男性の力で生身の人間を打てば悶絶するだろうし、骨折や当たりどころが悪ければ死ぬ。
スピードも速い

身のこなしはもちろん竹刀を振るうスピードも速い。

正直な話、下手なボクサーよりも速く攻撃する。
距離もある

スポンサーリンク

 

素手で戦うとしたら相手に近づかないといけないが相手は自分の届かない位置から攻撃してくる。
単純に遠距離攻撃に勝つのは難しいという意味でもある。

もちろん1対多数なら剣道経験者も負けるかもしれないが1対1ならまず負けない。
逆に素手の人間が勝つには距離を詰めて一撃で倒さないと勝てないことが多い。
沖縄発祥の空手は刀を持った武士を相手に闘えるように設計された武道。

スポンサーリンク

 

だから空手は一撃必殺を理想としている。
攻撃力、スピード、距離が有利な相手に勝つのは難しい。
剣道三倍段というのはその不利を覆す実力は三倍の段位がないと難しいという意味なのですよ。
実際は実力と段位は一致しないので何とも言えませんが(~_~;)

 

単純な射程距離の問題もあります。

竹刀で薙刀をやっている人と戦ったら大体が負けます。

何せ距離が違う。

 

単純に言えば遠距離から攻撃できる攻撃法が安全で確実に倒せるという事

剣道3倍段というのは単純に言えば武器の強さを説明するための言葉って感じですね
ではでは(^○^)ノシ

スポンサーリンク

 



ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-スポーツ
-