Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

仕事

労働組合を頼って団体交渉しよう!ブラック企業を良くするにはそれしかない!

2016/09/02


ブラック企業やブラックアルバイトの長時間労働やサービス残業は違法。
労働基準局に訴えても良くならない場合もある。
労働基準局はお役所仕事なので融通がきかないし、来ると分かっていれば会社よ対処ができる。

 

 
労働基準局に頼む前に会社にある労働組合や個人がやってる労働組合に相談してみるのが一番。
労働組合はどこが良いとはこの記事では書けない、住んでいる地域に近い所で労働組合を探すべきですね。

 

 
会社の労働組合が会社の言いなりな場合もあります。
そういう労働組合は見限って個人の団体である労働組合を頼りましょう。
個人の労働組合の方が交渉慣れしているのでオススメ。

 

組織に個人で挑んでもだめ

会社という組織に対して個人の力で対抗しようとしてもダメです。

社内の悪しき風習に潰されてしまいます。

 

 

明らかに間違っている事でも集団の中ではまかり通る事って結構あります。

そうならないためにも大きな企業には労働組合があるんですけど。

まともに機能していない企業が圧倒的に多いのではないだろうか?

 

 

労働者がガンガン、文句や要望を言い企業が利益と照らし合わせて徐々に働きやすい環境で尚且つ利益が出るように調整できている企業なら

まず、ホワイトな企業、日本ではそういう企業が少ないように感じます。

 

 

だからこそ、NPO法人みたいな所が個人でも団体交渉をしてくれるような組織があるわけです。

同じ苦しみを分かち合う仲間と一緒に交渉する、自分1人しかいないもしくは人数が少ない場合は外部の労働組合を頼るというのも一つの手段。

 

いきなり労働基準局に訴えてもいいのでは?

労働基準局に訴えてもいいのかもしれませんが場合によっは労働基準局も親身になって動いてくれない場合があります。

1回、監査して終わりみたいな感じになってしまう可能性も無きにしも非ず。

 

外部の労働組合と連携して団体交渉を行った後にどうしても法律で違反している部分を直さない

そういった姿勢を貫く企業には労働組合と一緒に労働基準局に訴えにいくという事もできます。

 

労働組合の人は慣れているしプロなので労働基準局の人とのやり取りもスムーズです。

なので労働基準局にいきなり行って訴えるよりも外部の労働組合の人と一緒に行く方が効果的。

 

 

団体交渉をしたけど相手が態度を変えないという実績というか結果があるので動きやすいという事です。

 

スポンサーリンク


 

僕、個人のケース

僕もサービス残業の残業代を取り返すために個人の労働組合に依頼しました。

僕が勤めていた会社は本当に激務と長時間労働で過労になって退職される方が非常に多かった。
週7日の勤務するなどの法律違反もしていたし、更にサービス残業やサービス早出をさせられていてもう耐えられなくなっていた時期がありました。
そこで労働組合の人に相談したわけです。

 
労働組合の人とはアポをとってファミレスでお話して、詳しい話を聞いて親身になってくれました。
労働組合の人と契約して団体交渉をする事になりました。
団体交渉をするために課せられたルールがあります。

 

 

ルールを守り半年位かけて団体交渉をするための相談をしたりして準備をして団体交渉をしました。

はっきり言って中小企業の部長とか次長クラスと海千山千の労働組合員では格が違いとても気持ちのいい交渉ができ

 

未払の残業代やこれからの待遇なんかも改善してくれるように交渉できました。

細かい調整は全部、組合員さんがやってくれたのでとても気楽だったのを覚えています。

 

その後、いろいろあって労働組合の人に協力してもらって退職という形になったけど

気持ちとしてはかなりすっきりできたという印象、退職金もきっちりもらったし。

 

スポンサーリンク


ルール

1.団体交渉が終わるまで会社を辞めない事

2.勝手に交渉しないこと

 
この二つが大きな取り決めでしたね。

労働組合に成功報酬で残業代の17%を支払う契約をしました。
僕はタイムカードをコピーしておいたので証拠集めは楽でした。

 

 
団体交渉をして残業代を取り返すのはもちろん、プロの人が僕の言いたくても言えなかった事をガンガン言ってくれて気持ちが良かったのを覚えています。
本当に気持ち良かったのを覚えています。

 

まとめ

ブラック企業と戦うためには団体交渉が必要不可欠、社内の仲間と一緒に会社と交渉する場合

社内の労働組合か外部の労働組合と一緒に団体交渉をしましょう。

 

 

何もせずに退職するよりもそうした方がより良い労働環境を手に入れられるかもしれません。

 
一回の団体交渉の後は労働組合の人が交渉してくれたので楽でしたね。

本当に酷い環境で働いているのなら個人の労働組合に相談するのがオススメですよ
ではでは(^○^)ノシ

関連記事

マジでウンザリ!しつこい営業電話の断り方って?

ハローワークの求人を見てブラック企業を見分ける!その見分け方は?

定時で帰る!工場勤めの仕事管理術!こんなに時間に余裕ができる

労働基準法が2015年に改正されたそのポイントはブラック企業潰し?解説します。

ハローワークの求人を見てブラック企業を見分ける!その見分け方は?

中小企業はブラック企業になりやすい。見極めるポイントとは?あなたの勤めている会社もブラックかもしれません。

ハローワークの求人票にアットホームな会社と書かれているけど実際はブラック企業の可能性大

パワハラがひど過ぎ!ブラック企業への対策

ワタミを例にして考えるブラック企業チェックリスト。

スポンサーリンク




ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-仕事
-,