社会問題 時事

吃音を就活できない理由にしないで!面接は小手先でやるな!

吃音、またの名をどもりと呼ばれる症状を持っている人は

100人に1人はいるそうです。

吃音の大学生の悩みと言えば就活の面接だろう。

 

 

上手く話せないのをどうにかして面接に合格したいと悩んでいる人がいます。

今回は吃音でも就活の面接に合格できるようなアドバイスをシェアしたいと思います。

 

 

僕自身は吃音とは無縁だけど、小学校時代に吃音の友達がいたからわかるけど

声がつまったり、同じ音を繰り返してしまったりする本人からするとやっかいな症状です。

 

 

人前で喋るとなるとやっぱり不安ですよね?

小手先の吃音回避テクニックに頼るな!

上手くどもらないように喋るテクニックというのはあります。

YouTubeなんかを見れば何件か見つかると思います。

しかし、付け焼刃の小手先テクニックで喋ってしまうと無難な事しか言えなくなってしまうかもしれません。

 

 

無難というかいまいち熱意、やる気が伝わらない可能性もあります。

面接で面接官がみたいのは上手く喋れるか?じゃなく会社で活躍してくれるスタッフを探しているわけです。

 

それに滑らかに喋るというのは喋る事がメインの職業以外では求められない事です。

コミニュケーションが取れれば吃音なんて関係ない

 

なので最低限の就活マナーを押さえておけば常識のない奴、とは思われない。

 


大事なのは熱意とやる気、夢
 

 

 

ボディーランゲージを使う

口が上手く動かないというなら身振り手振りで熱意を表現すればいい

吃音であろうが関係なくやる気を見せられるいい手だと思います。

 

 

面接の時に吃音である事をちゃんという

面接を始める前に「喋っている時にどもったりしますが緊張しているわけではなく吃音という症状が出ているだけです」

みたいなニュアンスで面接官に伝えておくべきですね。

 

この人は緊張しているんじゃなくてそういう症状なんだと理解してもらうと気が楽になります。

 

自己紹介や出身大学など

自己紹介や出身大学など毎回喋るような事はちゃんと言うべきですね。

そういうの定型文みたいなものなので練習で何とかなります。

最低限、自分の名前と簡単な自己紹介、大学名が言えればOK

 

いちいち動揺しない

どもって上手く言葉が出なくても動揺しない、言い直しせばいい

どもった事を気にし始めると更にどもるようになってしまいます。

 

喋る→どもる→気にする→更にどもりやすくなる→喋る

 

この負のスパイラルに陥ってしまうからです。

 

まとめ

面接の時はあくまでも熱意とやる気が重要。

なので吃音なんて気にせずに面接官に訴えるように喋るのが良い結果を生むと思いますよ

ではでは(^ω^)ノシ


ブログ検索

[SmartAds4]

アーカイブ

-社会問題 時事
-