Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

社会

天皇陛下が「生前退位」できないのか?現在の法律では難しい?

天皇陛下が生前退位の御意向を示されたという話題が盛り上がっていますが。

現在の憲法では生前退位できないという話を聞きました。

 

 

話を調べていくとこの情報事態がかなりきな臭い感じになっています。

主に天皇陛下が安倍総理の独裁政治に対する抵抗だ!と騒ぐ胡散臭い人たちのせいですね。

情報の出処もNHKが政府関係者からリークした情報らしいです・・・・宮内庁じゃないのかよ(^_^;)

 

 

 

しかし、現行の法律では天皇陛下が生前退位どういう事なのか?少し調べてみました。

そもそも憲法がどんな風に関係しているのか?

皇室にはどんなルールがあるのか?

 

 

調べてみました。

 

皇室のルールブック皇室典範

皇室典範(こうしつてんぱん)とは日本国憲法第2条および第5条に基いて皇位継承と摂政に関する事項を中心に規律した皇室の法律です。

最初にルールが決められたのが明治22年、大日本帝国憲法と同時に裁定され1947年に現在の皇室典範に改定された。

 

 

その典範には皇位継承や皇族について、婚姻などいろいろな法律が決められている。

ただ即位については

 

  • 現皇室典範 第二十四条:皇位の継承があつたときは即位の礼を行う。
  • 現皇室典範 第二十四条:天皇が崩じたときは大喪の礼を行う。

 

 

生前退位については書かれていない、これには理由があって作られた時代の関係もあるんだと思います。

スポンサーリンク

改正は必須!古い皇室典範

今の皇室典範は昭和22年の終戦後に作られたものですが。

基本的に旧皇室典範と同じ内容です。

日本国憲法で天皇陛下は国事に関する権力を持たないと決められましたが

皇室典範は殆ど変わってないのです。

 

 

旧皇室典範では天皇陛下が崩御したらただちに新しい天皇が即位する事になっていますが

生前退位は考えられていませんでした。

というのも当時は天皇陛下はすべての行政に対し完全な指揮監督権を持っていました。

 

 

生前退位があるとそれが政治のカードとして機能してしまうから生前退位というのはしない

当時の天皇は現人神でしたから神が人に戻るなんてありえない事だと思われていたのかもしれませんね。

 

どちらにしろ皇室典範が現実社会とあってないというのが現在の状況です。

 

スポンサーリンク

 

皇室典範の改正=皇室の政治的干渉で違憲?

皇室典範の改正は改正案を国会に提出して閣議決定されたら変更できる。

しかし、皇室が国会に干渉したという事になってしまい憲法違反。

 

なので憲法改正をしなければいけないという理屈ですね。

 

確かにそういう感じになってしまいます。

しかし、古臭いシステムはどんどん新しくしなきゃいけません。

行政ってこういう事に関しては手が遅い気がします。

 

 

皇室典範をいじれるのは国会、だから現在の憲法では違憲となってしまいます。

安倍総理が憲法改正に踏み出したら確実にこの部分も改正されると思います。

もう話題になっているわけですから。

 

退位後の役職も決めなくてはいけない

大昔の日本では天皇が生前退位して上皇になって政治を補佐する仕組みになっていた。

現在の日本では上皇に変わる役職が必要になってくるそれも国会で議論する形になるのかな?

 

宮内庁が草案を持ってきて国会で決議する形になると思います。

 

 

まとめ

天皇陛下が生前退位できないのは皇室典範に規定がないため

皇室典範を改正するには国会で議論しなきゃいけないけどこれは憲法違反。

 

なので天皇陛下が生前退位するには憲法改正は必須です。

ではでは(^ω^)ノシ

フォローミ~


スポンサーリンク

No tags for this post.

-社会