Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

子育て

子供の叱り方が間違っていませんか?

たまに町を歩いていると感情的に子供を怒鳴っているお母さんとかを見ます。

ああ~嫌だな~と思いながら見ているのですが、やっぱり子供がかわいそうだと思ってしまう。

僕は子育ての経験はないけど、地元の小学校で剣道を教える事がある。

自分が小学生の頃通った、場所だからたまに遊びに行くんだけど

そこで小学生に剣道を教える事がある、子供たちにいろんな事を教えるの楽しい。

 

その中で子供に注意する場面や叱る場面も出てくるけど、その経験を踏まえて言うなら

怒鳴るような叱り方はダメだ。

スポンサーリンク

怒鳴るように怒るのはダメ

叱るというのは「いけない事をした時」や「しなきゃいけない事をしなかった」など

そういう事を理解させる行為、この真理は大人を叱る時も子供を叱る時も同じだ。

果たして大人に怒鳴って怒る事ができるだろうか?

 

僕は大人を叱る時も子供を叱る時も同じだと思っています。

子供を叱る時に怒鳴るのは「こいつには私の言っている事が理解できないから暴力で抑え付ける」

と言ってるのと同じです。

 

例え、1歳児であっても知性を感じる事はできます。

つまり言って聞かせれば理解できるんです。

もちろん、子供が視野狭窄状態で言葉を聞いてくれない時もありますが

それでも話続けるべきです。

 

それなのに理解できないだろうと怒鳴りつけるのはいけない事です。

怒鳴るというの1種の暴力で子供は萎縮してしまうし、何を言ってるのかも恐怖で理解できなくなる。

大人でも同じ事が言えます。

大人の場合は恐怖よりもいきなり怒鳴り始めた事が理解できない場合の方が多いかもしれません。

子供だから怒鳴って叱るというのは子供の知性を甘く見ているという事なので止めましょう。

スポンサーリンク

叱る時間と会話

子供を叱る時に長い時間一方的に説教したりするのはダメ

反論を許さずに言いたい事を言うのはすっきりするし

相手を許す気にもなるけれど、必要なのは会話

 

なんでお母さん(お父さん)が怒っているのか?

それを理解させるのが子供にとって必要な事です。

なので叱る時は子供にも反論や弁解をする機会を与えてやりましょう。

 

後、長い時間、叱るのもNG

最後の方は親も子供も弛れる。

短くて30秒、長くて5分くらいで済ませるように心がけよう。

 

 

理由を言わなくて【ダメ】というのはダメ

特に理由も言わずに「ダメ」とか「行くな」とか「止めろ」

と言われても子供はなんの事かわからなくてキョトンしてしまう。

実際、大人になってからも「単語」だけで指示されてもわからない事が多い。

当たり前の事だけど人に何かを伝える時は主語と述語を使うはずです。

 

ダメ!と怒るのはよっぽどの緊急事態の場合です。

車道に飛び出そうとしている時とかそういう場合のみです。

 

子供を叱る時はなにがいけないのか明確に伝えなきゃいけない。

ダメと叱ると子供の好奇心が萎縮してしまうし、怒られないように行動するようになる。

理由もわからずに怒られないように行動するわけだから、ビクビクしながら生活する子供になってしまうかもしれません。

 

怒った後は気持ちを切り替える

怒った後に気持ちを切り替える事が重要。

いつまでも叱った時の雰囲気のままだとお互い辛いから

叱った後はパッといつも通りに切り替える。

 

感情的に怒ると切り替えが上手くいかないので注意です。

 

まとめ

怒鳴らない

子供も大人も変わらない。

叱る時は会話と時間が大切

ダメというだけはダメ

叱った後は気持ちを切り替える事が大切

 

以上です

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク



フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加


 

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-子育て
-,