Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

仕事

官製ワーキングプアとは普通ワーキングプアの方がまだ救いがある。

官制ワーキングプアというのは非正規公務員の事で

彼らもしくは彼女らは6ヶ月契約の臨時職員という扱いだ。

しかし、給料もアルバイト並みにしかでない現状である。

 

そこまでなら民間の派遣社員と変わらない

民間ワーキングプアと違って官製ワーキングプアの方が救いがないと思っています。

スポンサーリンク

民間の派遣社員は正社員の道がある。

民間のアルバイトや派遣社員、契約社員は10年同じ職場で働けば

正社員になれるチャンスがある。

10年もたつとベテラン並に仕事ができる社員が出来上がるので派遣先の企業もよろこんで雇ってくれるケースが多い

これは10年も職場にいれば他の働き口もないしある意味救済処置

おすすえめ記事

10年経ってなくても民間会社なんだから派遣社員の引き抜きなんてものもやっている場合がある

変な人を雇うより実績のある派遣社員や契約社員の方が雇いやすい。

 

非正規公務員はこの制度に当てはまらない。

何故なら公務員は試験に合格しないと受からないからだ。

教師だって免許がいるし警察官や消防士まで全て試験に合格しなきゃなれない

非正規公務員は官製ワーキングプアになる可能性は高い。

 

 

ある程度のサポートがある民間

派遣社員や契約社員は派遣先から雇い止めをもらっても派遣元からある程度のサポートがあります

次の派遣先を探してくれます。

仕事がある程度できる人なら次の契約先もすぐに見つかるはずです。

 

しかし、非正規公務員はそういうサポートなしです。

雇い止めになったら次の日から自力で新しい職を見つけなければいけません。

 

民間のワーキングプア(派遣社員)も官製ワーキングプア(非正規公務員)も賃金が低いけど

民間の方がまだサポートしてくれます。

 

非正規公務員はそういうサポートは一切なしと考えた方がいいですね。

まとめ

民間(非正規雇用)と官製(非正規公務員)だと民間の方が有利な点が多い

非正規公務員よりも非正規雇用で派遣社員になった方がまだマシですよ

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

フォローミ~

 

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-仕事
-