宝くじが当たったらどうする?

宝くじの当選金って税金かかるの?贈与税とか鬼高い

2018/01/29

もうすぐ宝くじの時期ですね。

もし宝くじが高額当選した場合

 

 

心配になるのは税金ですよね?

実は宝くじの当選金には一切、税金がかからない。

 

 

 

これは法律で決まっていることです。

海外の宝くじだと税金がかかるそうです。

 

 

宝くじの法律「当せん金付証票法」の第13条によると、「当選金付証票の当選金品については、所得税を課さない」とあり、これは免税でなく、非課税扱いになっています。

つまり3億円が当たっても税金はかからない。

 

 

 

確定申告時に申告したら?

 

宝くじは非課税なので確定申告しなくてOK

お金をたくさん使っていると税務署の人がくるけど「宝くじ当選証明書」を使えばすぐに帰ってくれる。

ただ、宝くじと税金は切ってもきれない仲だ。

 

 

何故なら人間は大金が手に入ると使いたくなる。

家や車が欲しくなったり旅行したりしたくなる。

 

 

そうなれば消費税もかかるその他の税金もかかる。

不動産取得税、資金運用益に対する所得税など、様々な税金はかかります。

そして、使い方や動かす金額が大きいほど、相続が絡む際の税務署のチェックは厳しくなるでしょう。

 

 

 

だからこそ税理士を雇うことをオススメします。

節税やお金の使い方について相談に乗ってまれすよ。

宝くじに税金がかかるということはないので安心してほしい。

国としても税金かけるより大金を使ってもらう方が良いらしい

IMG_4684.JPG

 

 

 

 

なんで日本では宝くじの当選金に税金がかからないのか?

宝くじは国が主導で行っているギャンブルだからです。

買った時点で税金を納めているという事になります。

45.7%の還元率だと言われています。

 

 

つまり、300円の宝くじを買ったら約150円は税金として納めているという事になります。

宝くじを国で主導しているのに更に税金を取ったら二重課税になってしまいます。

そんなアンフェアな事はしない。

 

外国だと税金がかかる。

 

外国だと税金がかかるみたいです。

アメリカで高額賞金に当たると、連邦税が25%と州税が5~6%で、賞金から約30%を税金として引かれる計算になる。

欧州9ヵ国で買えるユーロ・ミリオンズはスイスだけ税負担があったが、

新たにスペイン、ポルトガルも税金が20%となる。

 

 

国で宝くじを運営していないで、民間が宝くじをしているならこれはあり得る。

もし仮に国や自治体が行ってるのに課税するとしたら酷い話です。

 

 

当選金を親にプレゼントする場合は

よく、宝くじが当選したら親に一億円とかプレゼントしたくなる。

しかし、それは止めよう。

というのも贈与税がかかる。

 

 

大体、1億円だと55%の税金がかかる

細かい話をすれば基礎控除額を引かれた金額から55%の税金

 

少なくと約5000万円の税金がかかります。

贈与税は原則として贈与を受けた個人なのでプレゼントした1億円の半分は税金として持って行かれてしまいます。

それではせっかくプレゼントしたのに残念な結果になるかもしれません。

 

贈与税の計算式

 

(贈与財産の合計額-110万円)×税率-控除額=贈与税額

 

 

どうしても家族で分けてたいという場合は

 

換金する時に一緒に行って共同購入者になってもらいましょう。

銀行へ行ってみんなが「宝くじ当せん証明書」を持っていれば無税になります。

 

贈与税がかからない金額

贈与税のかからない金額は110万円です。

1年間(1月1日~12月31日)、110万円であれば何人に渡しても渡す方も渡される方も無税。

宝くじが当選した場合はちょっとしたお小遣いって奴ですね。

相続税問題。

相続税の関係で預金として1億円を保存しておくよりも

不動産などに投資して資産に変えておくと相続税はグッと安くなります。

高齢者の方で宝くじを当てたら相続税の事も考えて投資をすると良いと思います。

 

 

若くても投資をした方がいいんですけどね。

 

まとめ

宝くじには税金かからない
IMG_4837.GIF

当たらないけどな!
IMG_4842.GIF

ではでは(^○^)ノシ


ブログ検索

アーカイブ

-宝くじが当たったらどうする?
-