仕事のやり方を変えるヒント 子育ての悩み

待機児童問題を解決する方法を考えてみたけど、色んな問題と直結している気がする

2016/07/22

待機児童の問題で世間が騒がしくなっています。

保育園に子供を入園させられなくて生活が苦しい、ご夫婦はかなり多いのかな?

という印象、今回は待機児童問題を解決するにはどうすればいいのか?

実際に政府や地方自治体は行動しているのか等を紹介していこうと思います。

 

 

 

ことの発端になった匿名ブログなんて本当に読む価値ないのですが

実際問題としてそういう問題があって悲痛な声を上げている人がいるのも事実。

 

 

逆にそれを政治利用しているのではないだろうか?

という意見や実際のデモなんかもあるんだけど

僕たち一般市民は何を要求するべきなのか?

 

 

日本国民が安心して暮らせる世の中になるには待機児童問題の解決は必要不可欠

なので待機児童が0になるような解決策を考えました。

旦那さんの給料が上がる

そもそも景気が良くなって旦那さんのお給料がアップすれば子供を保育園に入園させる必要はありません。

毎月、旦那さんの収入が40万円~50万円もあればそもそも専業主婦でいられると思うので待機児童は減ります。

 

保育園に入れなくても良くなる方の対策ですね

これが実現すれば何もかもが上手くいく解決策です。

 

 

 

保育園を増やす、保育士の待遇アップ

待機児童を減らすシンプルな解決策、保育園を増やし、そこで働く保育士さんの待遇

お給料をアップさせれば待機児童も保育園に通う事ができます。

 

 

地方自治体とか国で制度を見直さないと駄目な問題だと世間で認知されていますね

この方法がシンプルでわかりやすいのは確かです。

 

保育士さんのお給料は国が運営費として出しているお金で運営しているので

どうしても安くなってしまうのだそうです。

 

地方に移住する。

保育園が足りないのは東京などの一部の都市だそうです。

正直な話、日本は人口が偏りすぎだと言われています。

 

 

地方は人がドンドンいなくなり東京などの大都市に人が集中します。

以前ブログ記事で日本は極点社会だと言うのを書きましたが

とにかく都市部がダメなら地方に移住する。

 

 

移住した先で何かしらの保証が受けられればいいのだけど

つまり引越し先で何かしらのフォローがあれば引越したい人は多いのではないだろうか?

実際問題、保育園は増えているの?

徐々にではあるけど保育園自体は増えているのがわかる。

厚生労働省がネット上で発表した資料によれば順調に保育園の数は増えています。

 

わざわざ国民が騒ぐ必要はないのかもしれませんね

 

 

正社員のお給料は上がっているのか?

アベノミクスの影響で円高から円安になったおかげで給料が増えた人がいるのは確か。

人によっては大企業しか恩恵を受けていないというが給料が上がるとしたら大企業からなのでそこは仕方のない事

 

正確な数値としてそういうのがわかるようになっているので状況は良くなっているようです。

 

 

保育士のお給料ってどれくらい?

2016年の3月に東京の求人をみたけど

正社員で月給19万円というのが平均的な金額

 

 

昇給があるというわけでもないらしいので

かなり厳しい給料だと思う。

後、6万円はプラスしないと安定した生活は難しいという印象。

 

求人の一部には月給26万円というのもあった。

 

 

 

地方への移住は支援があるのか?

保育園が足りなくて東京などの大都市から地方へ移住した場合、

支援があるのかというと少し調べただけでもそういう支援が受けられる事がわかります。

例えば保育料が3ヶ月無料とか幼稚園の給食費が無料とか

 

就職についても何らかの支援がある地方自治体が多いようです。

 

まとめ

待機児童問題を解決する方法を一つ一つ調べていくと徐々にではあるけど

待遇が良くなっていたり、支援も受けられるみたいなので待機児童問題の解決に向かっているのかな~

という印象です。

後は保育士さんたちの給料を上げていけばもっと保育園が増えるんじゃないでしょうか?

 

待機児童の問題は他の問題とも関係しているのでゆっくりにしか進まないという印象ですね

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

ブログ検索

[SmartAds4]

アーカイブ

-仕事のやり方を変えるヒント, 子育ての悩み
-,