Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

恋愛

愛とお金のどっちが大切か?みたいな質問ある意味、無意味

2016/07/22

愛とお金ってどっちが大切?と究極の質問っぽく聞かれたりしますが

あれって質問の定義がおかしいですよね。

というのもお金は物質で愛は感情じゃないですか。

 

 

物質と非物質を比較する事、自体が虚しい行為だと僕は思う。

というのも天秤に乗せられないから、比較しようがないからです。

例えば、彼女の親に手切れ金を渡されてそれを受け取るか受け取らないかという場面になった場合

 

 

これはお金と愛のどちらが大事なのかではなく

愛しているか愛していないかの二択になります。

この場合、お金と愛を比較する事はできません。

 

 

愛っていう形のないものとお金という紙だったりコインだったりするものどちらが大事なのか

というのはどうやって比べてたらいいのかわからないくらい違うもの

 

 

ただ一つ言える事は異性を愛する事にお金はいらないけど、愛を営むためにお金が必要。

スポンサーリンク

 

 

人を愛するにはある程度の余裕が必要

人が人を愛するにはある程度の余裕が必要なんだと思います。

衣食足りて礼節を覚えるなんてことわざもありますが

基本的に余裕がない人は人を愛せない

 

 

日々の生活に本当にいっぱいいっぱいだとパートナーを勞ったり

優しい気持ちを持つ事って難しいと思います。

 

借金をしていてたり、仕事のストレスですり潰されていたりする人は

愛してほしいと思っていても愛したいとは思えない。

 

 

お金があると余裕が生まれる

資本主義の日本ではお金があるとできる事が多くなる。

それはその人の余裕みたいなものにつながってくる。

 

女性も男性も余裕がある人はモテる。

お金をたくさん稼いでいると余裕や自信につながると思う。

 

 

なのである程度のお金をもっていると気持ちに余裕ができるから

人に優しくできる、人を愛せるというわけです。

 

スポンサーリンク

 

 

お金で愛は買えるのか?

パートナーの経済状況だけで結婚を決めるのは長続きしない

どんなに大金持ちであろうと性格が合わない、好みに合わない異性を愛する事は不可能

お金だけじゃ夫婦生活は上手くいかないようです。

 

 

中世の貴族なんかも政略結婚が多かったらしいけど不倫もかなり多かったらしい

そりゃ貞操帯が形骸化するくらいには多かったらしい。

 

つまり中世ヨーロッパの貴族たちはお金と愛は完全に別モノとして扱ったという事でしょう。

仮面夫婦が多い世界なんてゾッとするけど昔はそうだったらしい。

 

愛があればお金なくても大丈夫?

愛があればお金がなくても大丈夫なのか?

これは難しい問題、貧乏でも安定した収入があれば気にならないかもしれない

しかし、お金がなくなって生活に余裕がなくなった時にどういう行動をするかわからない

 

貧困というのは心を鈍化させる一面があります。

貧乏になって旦那さんが暴力を振るうようになったりする可能性もあります。

貧乏やリストラが離婚の原因になる事があります。

 

 

愛があっても生活に夢や希望が持てないという生活に耐えられない人はいると思う。

 

まとめ

結局のところバランスだと思います。

愛だけでもお金だけでも結婚生活、同棲生活は成立しない。

 

何事もバランス感覚が大切なのかもしれませんね

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

スポンサーリンク

 

No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-恋愛