Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

哲学

才能がないから努力は無駄か?僕はそうは思わない

才能がないと言われたからと言ってそれまでの努力は無駄か?

もしくは才能がないから努力しても無駄か?

決してそんな事はない。

僕の意見としては才能というのは他人がその人を評価するための値札みたいなものだと思う。

絵を描きまくって上手くなったのに「才能があるんですね」で片付けられる。

 

才能というのは他人を簡単に評価するための便利な言葉だと思う。

スポンサーリンク

エジソンは1%のひらめきと99%の努力と言ったけれど

エジソンは常に考えて続けていただけの事、全ての事柄が発明というベクトルに収束していったというイメージなんだよな

考えて蓄積したデータが一つの形になる事を思えばそれは一つの努力だ。

脳がいろんな情報を取り込んで結果、生まれたひらめきを99%の努力で実現させる。

 

つまり、ひらめきさえも経験から産まれる。

 

才能がないはあきらめの言葉

やる前から諦める人はおれ、才能ないしな

という言葉を使いがちですがそうじゃないのです。

才能というのは他人があなたに勝手につける値札であった

 

自分自身には使ってはいけない言葉。

誰しもが最初はド下手くそで見るに耐えない事が多いけど

 

それがカッコ悪いなんて思わないでください。

 

才能がないからという言い訳を使うから苦しくなる。

おすすえめ記事

他人と比べるから辛くなる

他人と比べるから才能がないと思ってしまう。

他人と競うから辛くなる。

趣味として始めたのならそういう風に人と比較せずに自分が納得できる。

取り組み方をすればいいだけです。

 

 

才能がある人って?

才能がある人というのは

努力が苦痛にならない人。

好きな事ならいくらでも努力できる人の事を言います。

好きな事に対してならいくらでも努力できる人が才能がある人なんだと思います

 

まとめ

才能があるかなんてやってみないとわからないですね。

やってみて才能があるなら何時間でも楽しく作業できるはずですよ

ではでは(^ω^)ノシ

 

フォローミ~

 

 

No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-哲学