Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

日記

担任、息子の入学式へ…県立高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意

2017/10/30

県西部の県立高校で50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、

担任を務める1年生の入学式(8日)を欠席していたことが分かった。

新入生の保護者らは「今の教員は教え子より息子の入学式が大切なのか」と困惑している。

ニュースのソース

http://megalodon.jp/2014-0414-2320-28/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140411-00010005-saitama-l11

 

 

このニュース読んだ時に頭悪いな~と思ったwww

実際問題なんだけど。

 

 

入学式当日に担任の先生がやることなんて

授業の説明と生徒たちへの自己紹介くらいのもんだ。

先生じゃないからわからないけど細々とした雑務もあるだろうけど。

 

自己紹介なんて2日目でもできるし、授業、カリキュラムの説明も

副担任とか別の先生に頼めばいい

 

別に問題ないと思うけど?

むしろ、高校生の親が担任が入学式休んだくらいで騒ぎすぎwww

 

 

高校生にもなれば相手の事情を汲み取って理解するだけの頭はあるんだから問題ない

多分だけど、一部の親が過剰にクレームつけてるだけじゃない?

 

 

ニュース記事に欠席理由を聞いた生徒の気持ちを考えたことはないのか?

なんてセリフもあったけど。

 

 

「ふ~んそうなんだ~」

 

で終わると思う。

 

断言できるけど、

「担任の先生が私たちよりも息子を優先した!ショック!!」

 

なんて思わねぇからwww

 

むしろそんなこと考えている高校生がいたら気持ち悪いだろ。

まだ会ったことない先生にどんだけ幻想いだいてんだよwww

 

 

そもそも有給だして休んでいるんだから文句はないと思うのだけど。

 

ところでさ有給って会社で規則が違って休める日数が違ったりするじゃん

でもさちゃんと法律できまってるからそれ以下だと法律違反なんだぜ。

 

 

雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、

継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない(第39条第1項)。

さらに1年間、8割以上継続出勤するごとに有給休暇は10労働日に加えて勤続2年6箇月目まで1労働日ずつ加算して付与され、

勤続3年6箇月目からは2労働日ずつ加算して付与される。勤続6年6箇月経過時には20労働日に達し、以降は1年間の継続勤務ごとに20日を付与すればよい(第39条第2項)。

付与日数は、具体的には、以下の表の通りである。この日数はあくまで法定の最低基準(第1条)であり、これを減ずることはできない。

なお上記を上回る日数の加算は第39条によらず労使間で定めるところによって決しても差し支えない

 

有給はどんなタイミングであっても日数があるならとっていいルールそれに対して

文句を言う資格は誰にもない

 

今回の女性教諭の件だって親からの言いがかりじゃないかと思う。

むしろどの職業でもこういうタイミングで有給がとれる世の中じゃないとダメだよな~

会社中心というか組織主義とかそういう考えはもう消えるべきだと思う

No tags for this post.

-日記