Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

健康 買うと損する商品 身だしなみ

日焼け止めのSPFってなんなの?数値が高いほど日焼け止めの効果があるの?

スポンサーリンク

疑問

SPFが高い日焼け止めには意味があるのか?

 

数値が高いほど効果も高い!?

太陽の光が肌に悪く、ひどい時には皮膚がんを引き起こすことがわかってきたため、

日常的に日焼け止めを使うのが当たり前になった。

 

現在の日焼け止めは、紫外線の防止効果を示す

 

「SPF」のあたいが20~50までの商品が一般的で、この値が高ければ高いほど、日焼け止め効果も高いと思われているのだが・・・。

 

具体的にはどれくらい効果があるの?

669e226c

答え

SPF20ぐらいで十分に効果アリ

皮膚学会でも高いSPFは勧めていない

SPFは、シミやソバカス・皮膚がんの原因となるタイプの紫外線をカットする力を示している。

これは肌が紫外線を浴びてから、赤くなったりボツボツが出来たりする時間をどれだけ引き伸ばせるかで判断する。

 

具体的には数値が1つ増えるごとに、約20分日焼けのスピードを遅くできる。

つまり、SPF50なら約17時間も紫外線から肌を守ってくれる計算になる。

 

どんなレジャーでも、そんなに日の光を浴びることはないだろう。

スポンサーリンク

実際、日本皮膚科学会も日焼け止めの目安を次のように定めている。

・日常生活・・・SPF5

・軽い屋外活動・・・SPF10

・炎天下のスポーツや海水浴・・・SPF20

・熱帯地方での屋外活動・・・SPF30以上

 

つまり、SPF20もあれば十分。

どころかSPFが高すぎる商品は甲状腺への影響が指摘されているため避けるのが無難だろう。

SPF20の商品を、2時間ごとに細かく塗り直すのがおススメ

 

とは言え日焼け止めはSPF50が多そうですよ。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク




フォローミ~


follow us in feedly

Facebookページ

LINE@
友だち追加

日焼け止め一覧

SPF20

SPF30

SPF40

SPF50






ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-健康, 買うと損する商品, 身だしなみ
-,