いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トリビアとノウハウノート

トップページ

健康を保つには

朝、寒いから起きられないを解決するにはどうすればいい?

更新日:

冬の朝は寒くて布団からなかなか出られない。

朝、起きられない人って多いと思います。

冬の朝はとにかく寒いからお布団から出れないんですよね。

 

 

人間は寝ると体温が下がって朝、起きる時に体温が上がります。

冬はなかなか体温が上がらず起きて活動できないというわけです。

これは単純に寝不足とかではなく下がった体温がなかなか上がらないから布団から抜け出せず

 

 

二度寝しちゃったりするわけです。

この問題を解決する方法を考えました。

 

なんで寒い冬は朝、起きられない?

ヒトの体温は夜になると下がり、朝になるにつれて上がってきます。
体温が上がらないと起きにくくなります。
気温が低い場合、熱を十分に作りだせない人は 朝の体温上昇が鈍くなり、なかなか起きられないのです。

 

また人の脳の中には体内時計(起床・活動・睡眠のリズムを作り出すもの)が
あります。

 

朝の光はこの体内時計を整え 目覚めを促すのには不可欠です。
冬は日の出時間が遅いため、その恩恵を受けにくく、体内時計がうまく働かず
起きにくくなると考えられます。

 

人間は光を浴びるとセロトニンという物質を分泌します。

セロトニンは体温調節や睡眠に関わる大事な物質です。

太陽の光を浴びる事でセロトニンは生成されます。

 

 

太陽光を浴びる以外にも生成する方法はありますが今回は割愛

冬は太陽光を浴びる時間が少なくなるのでセロトニンの分泌も減ります。

 

セロトニン不足と寒さで体温が上がらないこれが冬の朝になかなか布団から出れない原因です。

 

リフォームする

部屋が寒くて朝、起きられないなら部屋が暖かいままになるようにすればいいじゃない

 

窓は二重窓で外気をシャットアウトし、部屋の温度を外に逃がさない。

壁の中にはしっかり断熱材を入れて朝でも部屋が暖かいようにすればいいじゃない。

 

 

・・・・・まあ、お金がかかり過ぎて無理ですが

 

 

工事だけで数十万~100万円以上しそうな工事は無理ですね(^_^;)

 

 

エアコンの目覚まし機能を使う

エアコンには時間になったら暖房や冷房が動く機能がついていると思います。

その機能を使えば起きる30分前にエアコンをつけて家を暖める事ができます。

 

 

そんな設定しなくても一晩中エアコンをつけていればいいじゃないと思うかもしれませんが電気代がかかるし

汗をかいてしまうので逆に体温が低くなってしまう可能性もあるため目覚ましタイマー機能を使うというわけです。

 

 

布団の中で体を動かす

布団の中で少しづつ体をストレッチしたりして暖めていく

布団から出なくても体を伸ばしたり曲げたりする刺激と体温が上がるので目覚めた感じになると思います。

 

肩や足首、太腿など大きな筋肉をほぐしていけば体温が上がりやすい。

 

湯たんぽなどを使う。

湯たんぽなどの防寒具を使って体を暖めるという方法もあります。

寒くて眠れない、朝、起きられない人でも湯たんぽの優しい暖かさなら起きられるはず。

 

 

ただ朝になる頃には温くなってしまうので効果は長続きしないかも。

 

 

 

目覚まし時計を少し離れた場所に置く

古典的な方法ですが手元に目覚まし時計があるとすぐにアラームを止めてしまいます。

しかし、遠くにあれば布団から出てアラームを止めなければいけません。

なので布団から出てアラームを止める事で無理矢理、朝、起きる事ができます。

 

・・・これで布団に戻らずに行動できれば完璧。

 

 

 

 

布団の近くに防寒着を置いておく

何故、布団から出れないかと言うと寒いから

では目が覚めてすぐに防寒着を着れば布団から出れるはずです。

 

 

布団の近くに伴天とかジャンパーなんかがあれば部屋とか体が暖まるまで着ていれば朝の行動がスムーズになるはず。

寒い朝に薄着のパジャマ、トレーナーにスエットなどでは少々辛いものがあります。

 

 

なのでちょっと暖かい服を羽織っておくのもいいかもしれません。

伴天とか着る毛布とかちょっとした部屋用の防寒着を手に入れているといいかもしれません。

 

 

寝る時に厚着をしていればいいじゃないかと思われるかもしれませんが厚着をしていると寝汗で逆に冷えたりするので

寝る時にたくさん着込むのはNG、布団の暖かさだけで十分です。

 

 

あくまでも朝、起きてから素早く防寒着を着る事がポイントです。

防寒着を着て布団の中で体を暖めてからゆっくり起きましょう。

 

朝、起きる時間に強い光を浴びる

睡眠を司る物質であるセロトニンを分泌させるには太陽光が一番。

しかし、太陽が昇らない時間に起きて活動しなきゃいけない職業の人には難しい

 

 

なのでタイマーコンセントなどの機能を使ってセロトニンが分泌する照度2500ルクス以上の光を浴びてしまおうというわけです。

照明器具を調べればタイマー機能がついているもので2500ルクス以上の光を出すライトはあるはずです。

 

 

 

不足していたセロトニンを分泌させればすぐに目が覚めるはずですよ。

 

 

 

まとめ

冬の寒い朝、起きられない人が起きるためにできる事は

3つです。

  • 無理矢理、布団から出る
  • 体か部屋を暖める
  • セロトニンの分泌を促す

これだけですね。

 

 

エアコンのタイマー機能とか防寒着を着込んだりとかして対策をして起きましょう。

セロトニンの分泌に関して朝日のような強い光を出す照明器具のタイマー機能を使えばセロトニンが分泌されやすくなります。

体や部屋を暖めてセロトニンの分泌を促す、これで朝、起きれないなんて事はないはずですよ。

 

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

冬だって寝汗はかく!パジャマ を洗う頻度ってどれくらい?

冬のパジャマ!一人暮らしのメンズにはどんなのがいいの?ヒートテック?

スポンサーリンク

 

-健康を保つには
-, ,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

by