Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

スポーツ

競歩の歩き方とルールって?やってみると意外と難しくない?

競歩の歩き方やルールについて調べました。

名前は知っているけど競歩って馴染みはないですよね?

日本でもいろいろな大会をやっているそうです。

 

 

競歩なんて誰にでもできる競技ですが極めるとすごい競技のようです。

2013年、世界陸上モスクワ大会の「競歩 男子20㎞決勝」で

優勝した、ロシアのアレクサンドル・イワノフは1時間20分58秒の記録で優勝しました。

男子50㎞では、アイルランドのロバート・ヘファーナンが3時間37分56秒で優勝を飾りました。

 

・・・・タイムおかしくない?

フルマラソンの世界記録のタイムが2時間2分57秒なのを考えるとかなり早いです。

それもそのはず競歩の選手は時速14km前後のスピードが出るそうです。

 

 

競歩の選手を「歩く超人」と呼ばれているそうです。

 

日本で行われる大会

  • 「日本選手権大会50㎞競歩」
  • 「全日本50㎞競歩高畠大会」
  • 「長崎陸協競歩大会」
  • 「元旦競歩」
  • 「第99回日本陸上競技選手権大会20km競歩」
  • 「アジア陸上競技選手権・20km競歩」

などです。

元旦競歩とか完全に箱根駅伝に食われるよな(^_^;)

 

スポンサーリンク

競歩のルール、走ってはいけない

競歩では常に審判がつき走っていないかを確認します。

判定を下す審判は、主任1名・その他5名6名で編成されています。

反則は二つしかありません。

  1. ロス・オブ・コンタクト(両方の足が同時に地面から離れてはいけない)
  2. ベント・ニー(足が地面に着地してから体の真下に来るまで膝を曲げてはいけない)

ロス・オブ・コンタクトは地面から両足が離れてしまう事でこれをやると

審判からうちわ(パドル)みたいな札が上げられます。

86

これが提示されたすぐにフォーム変えなきゃいけない。

フォームをすぐに直さないと審判は警告カード(赤い紙)に必要事項を記入し、補助員を通じてゴール前の集計のところに届けます。

警告カードが届けられると、ゴール付近内側に設置している掲示板の自分の番号のところにパドルと同じマークが貼られます。

 

おすすえめ記事

 

ベント・ニーは膝が曲がっている時の反則です。

パドルはこんな感じです。

101掲示板に警告マークが3つつくと失格になります。

レース途中で伝えられて途中退場する事もあります。

その時に使われるのが赤いパドルです

111

補助員(審判)が選手に伝えるのが遅くなってゴール後に失格になる場合もある。

もし、納得のいかない判定を下された場合、選手に与えられる時間は30分です。

過去に、手違いで他選手の警告が自分に出された、というケースもあるようです。

 

 

最後のトラック内で6人の審判から一斉に反則を取られるケースもあるんだとか

もしラストで主任から赤いパドルを出されると、それは一発失格を意味します。

また、大会によっても審判の厳しさが異なることも事実です。

 

歩き方

競歩は歩くフォームが重要になります。

基本は背筋を伸ばして大股に歩く、膝を曲げないのが基本です。

そうすると体幹が使える歩き方になるそうです。

 

 

踵から着地して腰を大きく動かす骨盤を大きく動かすような歩き方になるみたいです。

着地した足の踝あたりに体重をかける歩き方をします

まとめ

競歩は男子は50km走と20km走があり女子は20km走という競技があり

競歩の歩き方は踵から着地して足の外側に体重をかけつつ膝を伸ばして歩く

体幹や骨盤を使う歩き方になるみたいですね

ではでは(^ω^)ノシ

フォローミ~


 

No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-スポーツ