Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

病気

糖尿病の話、sglt2阻害薬ってインスリンとは違うの?

糖尿病とは
文字通りオシッコに糖が混ざって
甘いオシッコがでる病気だ

ブドウ糖を体に吸収できなくて
血液中の糖が多くなり高血糖になります。

そして腎臓からブドウ糖が排出されてしまうのです。

糖は体のエネルギー源でそれがなくなる体のエネルギーを使えなくなってしまいます。

つまり、エネルギー不足で体が動かなくなる。

なんでこうなるかと言うと膵臓で作られる。

インスリンというホルモンが無くなるからだ。

だから糖尿病になったらインスリン注射というのはエネルギーを体に取り込むために注射しなければいけない。

●1型糖尿病

膵臓がインスリンをほとんど、
または全く作らないために
体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病。

●2型糖尿病

インスリンの量が不十分で起こる
糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞が

インスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病がある。

食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。日本の糖尿病者の95%がこのタイプ。

●遺伝子の異常やほかの病気が原因となる糖尿病

遺伝子の異常や肝臓・すい臓の病気、
感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって引き起こされるもの。
薬品が原因となる場合もある。

●妊娠糖尿病

妊娠時に現れる糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。

スポンサーリンク

 

糖尿病の治療にはインスリン注射の他に

sglt2阻害薬での治療があるそうです。

 SGLTとは、sodium glucose cotransporter(sodium glucose transporter)の略で、

「ナトリウム・グルコース共役輸送体」と呼ばれるタンパク質の一種のことです。

SGLTは、体内でグルコース(ブドウ糖)やナトリウムといった栄養分を細胞内に取り込む役割を担っています。

SGLT2は腎臓の近位尿細管に存在します。

SGLT2は糖尿病になると増えて糖を吸収しようとするのですが。

体の許容量を超えているので吸収できない、結果、ずっと高血糖になってしまうという悪循環がおこる。

sglt2阻害薬は腎臓で尿に出た糖を再び取り込むのを妨げる働きがあり

血液中の糖分か高いと高血糖症にもなる。

高血糖症の症状は

大食症
煩渇多飲
多尿症
視野がぼやける
疲労 (眠気)
体重減少
外傷(切り傷、すり傷など)の治りが悪い
口腔乾燥症
乾燥肌、皮膚のかゆみ
勃起不全 (男性)
感染症の多発 - 膣カンジダ症、鼠蹊部発疹、スイマーズイヤー(外耳緑膿菌感染症)など
クスマウル呼吸
不整脈
昏迷
昏睡

sglt2阻害薬とインスリン注射の違いは。

インスリンというホルモンで糖を体で処理するか

sglt2の働きを阻害して尿として排出するかという違いですね。

sglt2阻害薬は2014年4月に日本で発売されている。

ただ、まだ問題も多いようで
副作用で8月17日までに
脳梗塞12例、低血糖114例、皮膚症状が500例以上に達したと
日本糖尿病学会が発表した。

ソース

http://megalodon.jp/2014-0830-2313-10/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00050037-yom-sci

ただこの記事、sglt2阻害薬って括りだけで細かい種類は書いてないんだよな〜

sglt2阻害薬には数種類あってそれぞれがどんな成分なのか?

調べてみた。

sglt2阻害薬一覧

フォシーガ
(ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物)
5mg1錠 205.50円
10mg1錠 308.30円
製造販売 ブリストル・マイヤーズ、販売提携 アストラゼネカ、販売 小野薬品工業。

ルセフィ
(ルセオグリフロジン水和物)
2.5mg1錠 205.50円
5mg1錠 308.30円
製造販売 大正製薬。

アプルウェイ
(トホグリフロジン水和物)
20mg1錠 205.50円
製造販売 サノフィ。

デベルザ
(トホグリフロジン水和物)
20mg1錠 205.50円
製造販売 興和。

薬価は全部同じ!?

8月末にもう1つ発売予定です。
カナグル
(カナグリフロジン水和物)
100mg1錠 まだ薬価収載されてません。
製造販売 田辺三菱、プロモーション提携 第一三共。

詳しい話はかかりつけお医者さんに聞いた方が早いな。

ただ、ネットの記事だとどの薬が副作用があったかわからないですね

ではでは(^○^)ノシ

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-病気
-, ,