Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

生活

組体操のピラミッドが崩れるから危険だと騒いでるけど本質はそこじゃない

2016/09/07

大阪の方で10段ピラミッドが崩れて生徒が右腕を骨折したとある。
Twitterとか見ると組体操のピラミッドは危険だから無くせみたいな話がある。
それはなんか違うと思うのよ。

 

 

問題なのは10段のピラミッドをやろうとなんて言った奴だよね。
僕も中学生の時にやったけどピラミッドの高さは4〜5段だった。
一番下の段だったけど事故になるような事はなかった。
高さだって2m〜3mだと思う。

 

スポンサーリンク

 

 

問題は高さ

4段くらいのピラミッドならまだ一番下の段にいる人への負担も少ないし

高さもそこまでじゃない、4段くらいのピラミッドなら落ないように補助する先生も手を伸ばして支えるだけでいい。

高くても落ちてくる子を受け止める事もせいぜい2m~3mならそれもできなくはない

 

ピラミッドは基本的に体重が重くて力のある奴が下で力がなくて軽い奴は上の段だった。
それが10段にもなると高さは6〜7mあるんじゃないか。
一番下の段だってめちゃくちゃ重いと思うし、体育の合間で10段のピラミッドを完璧にすんのは難しいと思う。
だって無理でしょ5段くらいなら多少、筋力にばらつきがあっても大丈夫だけど10段になると筋力、バランス感覚ともに高度な技術がいる。
個人的には中国雑技団と同じような事してるしな。

 

 

10段とかになると高度なトレーニングが必要だと思う、というのもピラミッドは高ければ高いほど難易度が高くなるから

筋力トレーニングやバランス感覚、チームワークが必要になる、それも結構、高度なレベルで

スポンサーリンク

 

 

先生が補助できない高さ

10段ピラミッドにもなるとその高さはざっくり考えて6~7m、この高さで人が崩れてきたら止められない
先生が補助しようにも下から崩れたら人間雪崩だから止めようがない。
人間が2〜3人落ちてきたら子供でも受け止めるのは難しい。
どう考えても安全面の配慮ができてない。

 

 

ピラミッドは崩れてしまう危険というよりも補助とかフォローもまともにできないような高さのピラミッドを作らせるというのが問題。

補助のしようがないわけだから、これは学校側の無責任と言えるんじゃないでしょうか?

事故を回避できる範囲のピラミッドじゃなくてサーカスで見せるようなエンターテイメントを作ろうとする事が組体操におけるピラミッドの危険性と言えますね。

 

 

4~5段のピラミッドなら先生の補助があれば大事にいたる事なんて滅多にないと思います。

 

 

まとめ

5段ピラミッドなら手を伸ばせば一番上の段くらいに手が届く、10段のピラミッドじゃ手で抑える事も出来ない。
どんな運動ならどんな事をしてもケガの危険はある、先生はその危険を先回りして潰しておくか、事故が起き前に未然に防ぐ事ができなきゃいけない。
それが出来ない10段ピラミッドを組体操に組み込んだというのが最大の問題点。

 
見栄えばかり気にして安全面、もしもの時の対応策が取れなかったというのが問題なんだ。
組体操のピラミッドはちゃんと指導と安全面に配慮すれば素晴らしい出し物です。
考えなしに10段ピラミッドを計画してしまう教師陣が一番、危険だと思う今日この頃です。
ではでは(^○^)ノシ

スポンサーリンク

 

ブログ検索

No tags for this post.

-生活