Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

日記

血汗症とは世界まる見えで話題になっていたので調べてみた


 

世界まる見えでインドに住むの女の子が血汗症(けっかんしょう)だったいう話が放送されました。

 

血の涙、血涙(けつるい)を流す少女、さぞ怖い病気なのだろうと思い調べてみました。

血涙、血汗を流す血汗症がどれくらいの人が発症しているのかというのを調べてみました。

 

なんと世界で血汗症は症例は80例しかなく

そのほとんどが西洋人であるというらしくアジアでの症例は

 

2004年 中国

 

2006年 上海

 

くらいしかない。

血汗症(英: hematidrosis, hematohidrosis)とは、皮膚から血液が滲み出る非常に稀な疾患。

血汗症の原因は症例の少なさとも相まって正確ではないが、ストレスが原因だといわれている

血汗症は死の危機などの極度のストレスによって引き起こされることがある 、戦闘前の兵士や突然の死刑宣告を受けた人々における血汗症の出現が記載されている。

 

 

命を落とすような病気ではないらしい、更に言えばそう簡単に発症する病気でもないことがわかって

一安心。

 

 

これがインドの少女に起こったと考えると逆に怖い。

 

 

 

死の危険を感じる、またはそれと同じくらいのストレスって、とんでもないことじゃないか?

インドじゃ女性差別も悪習として残っているからそれが原因?

 

 

治療法も不明だがストレスがなくなればある程度改善する気がしますね。

 

というよりも改善して欲しい(^_^;)

 

 

聖書に書いてある聖人も血汗症を経験しているらしい

聖書の記述ではイエスはゲッセマネの園での祈りで血汗症を経験したとある(ルカ 22,44)。

 

悟るってやっぱり辛い修行をしているんだな。

 

いくつかの歴史上の記述の中ではレオナルド・ダ・ヴィンチによるものが有名だ。

 

 

 

大発明家とか、聖人とか死刑宣告された人とか同じレベルのストレスって・・・・・

 

インドは地獄なんじゃ・・・

 

 

 

まあ、そんなことはないと思うけどな。

 

ということは、漫画とかで怒りのあまり【血の涙】を流す場面があるけど

あれって正しい表現なんだな。

 

 

編集後記

この記事を書いていて困ったのは

 

血汗症の文字変換が【けっかんしょう】ではできなくて【ちあせしょう】のちあせで変換していたことかな。

 

もしあなたの周りに血の汗をかいている、血汗症の人がいたら、病気よりも

 

家庭環境とか職場の環境を気にした方がいいのかも。

 

人じゃないけど昔から血の汗を流す動物は確認されているよ。

 

汗血馬とか、三国志に登場する、呂布の愛馬【赤兎馬】が血汗馬をイメージしたものらしい。

 

No tags for this post.

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-日記