Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

意味がわかると怖い話

遺言DVD

2015/04/17

スポンサーリンク

 

 

俺(○○)にはAという無二の親友がいる。いや、『いた』だな。
Aはサーカス団の一員で担当は綱渡りだった。
先月、ビルとビルの間を渡るというテレビの企画があって、それに挑戦したんだが、
失敗して死んでしまった。
で、その後、通夜に呼ばれて悲しんでいると、Aの奥さんが参加者全員にDVDを配り始めた。
どうやら万が一、失敗した時のことを考えて、予め遺言ビデオみたいなものをAが作っていたらしい。
自宅に帰り、そのDVDを再生してみると、Aが笑いながら一人一人に向けて遺言を述べていた。
まさか、これが本当に配られる事になるとは、この時のAは思ってなかっただろう。
そして、DVDが終わりに差し掛かった頃、

「最後に○○、お前と出逢えて本当に良かった。天国へ行ってもお前との友情は永遠だ。」

俺は堪えきれず泣いた。そして改めてAを失った喪失感に襲われた。
それからというもの、俺は毎日のようにそのDVDを見た。でも、その頃から体調を崩すことも多くなった。
疑いたくはなかったが、もしやDVDに良くないモノでも…
心配になった俺は、念のため、有名な神社でDVDを見てもらうことにした。
すると一通り見た神主は、
「とりわけ、悪いモノは憑いていません。恐らく親友を失ったストレスから来る変調でしょうね」
そう言われると、俺はホッとした。だが、神主は神妙な面持ちでこう続けた。

「彼は最後にウソをついています。」

 

 

 

スポンサーリンク

 

解説

Aは語り部に対してウソをついている。

「最後に○○、お前と出逢えて本当に良かった。天国へ行ってもお前との友情は永遠だ。」

この内容だとAは語り部に対して友情を感じてない。

それにしても神主が良くウソを見抜いたな。

関連記事

街頭調査

エンジントラブル

『もしもし、今電話だいじょぶ? 』

密輸

遺言DVD

【vipでよく見るスレ】

俺は会社の上司の尻拭いをしている

『歴史サイト』

『図々しい女』

ある国の王様が

この椅子は座ったものが必ず死ぬ呪いの椅子と言われ恐れられてきた。

我慢強い

思い出

強運

俺はかつてアパートの101号室に住んでいた。

走らない!

『疑問』

[ad#co-2]

スポンサーリンク

 

ブログ検索

 

 

No tags for this post.

-意味がわかると怖い話