トリビアとノウハウノート

いろいろなトリビアとノウハウを紹介

トップページ

法律とは簡単に解説

闇カジノは違法!日本にカジノがない理由

日本でカジノが違法なのは何故なのか?

理由を調べていきたいと思います。

 

 

最近、バトミントンの選手である桃田賢人さん、 田児賢一さんが闇カジノに出入りしていたというニュースがありました。

なんで闇カジノなんかに手を出すのか、公営ギャンブルの競馬、競輪、競艇、オートレースを楽しめばよかったのに

わざわざ、違法なカジノに行くなんてプロ意識に欠ける行為だと思います。

 

 

 

とは言っても誰しもが一回は考える事だと思いますがなんでカジノは違法なのか?

パチンコ・パチスロがある時点でカジノがあっても言いだろうと思います。

 

スポンサーリンク

 

日本の法律

日本の法律ではチップをお金に換金する行為は賭博法で禁止されています。

なのでカジノのようにゲームを楽しんでチップを換金するのは禁止。

 

単純賭博罪(刑法185条)の法廷刑は、50万円以下の罰金又は科料であるのに対して、常習賭博罪(刑法186条1項)の法定刑は、3年以下の懲役となっています。【関連刑法条文】
第185条(賭博)
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

 

第186条(常習賭博及び賭博場開張等図利)
①常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
②賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

 

賭け事を公然と常習性があるカジノは禁止というわけです。

ついでに言えば身内というか友達同士で賭け事をしても賭博法の範囲外、あくまでも公然とお店を開いているのが問題。

 

スポンサーリンク

 

カジノがない建前

健全な勤労と経済活動に影響を与えるからという理由でカジノは禁止です。

とは言え公営ギャンブルの競馬や三店方式のパチンコがあるのを考えれば矛盾している気がしないでもない。

 

 

公営のギャンブルは国が儲かるからOKでパチンコは巧みに法律の抜け道を使っている。

なので日本に個人が経営しているカジノというのは違法という事になる。

 

 

日本の儒教的な思想が賭博法の根幹にあるみたいなんですが

競馬とかパチンコがある時点で台無しな気がしなくもないですね。

 

 

パチンコは玉を景品に交換できる遊戯場という扱いになっています。

法律的には言えば風俗第七号営業という営業形態です。

 

その景品を別の会社(古物商)が買い取るという方式になっています。

だから法律的には問題ないという理屈みたいです。

 

 

何度も議論されるカジノ合法化

2013年に国会でカジノ合法化を巡る議論が自民、公明、民主、維新など超党派の国会議員がつくる「国際観光産業振興議員連盟」がカジノ推進法案を提出したりして

議論を深めていますがなかなか法案が通らない、2020年の東京オリンピックに向けていろいろな話し合いがあるそうです。

 

反対派は共産党や社民党ですね、パチンコは在日朝鮮系の人たちの企業で共産党や社民党はそっちの政党なので競合するカジノが誕生するのは反対という意見らしいです。

反対理由としてはギャンブル依存症の人が増えるという意見なのですが実際の所賭博禁止、博打禁止と言っているけれど、

 

パチンコ・パチスロ、競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじ、サッカーくじなど

 

国が運営しているギャンブルが多い中、カジノが出来てもギャンブル依存症患者はそんなに変わらない気がするけど。

というかそういう人はとっくに公営のギャンブルとかパチンコでダメになっているから議論としては的はずれな気がしますね。

 

まとめ

カジノが合法化されるとパチンコなどの業界からお客さんが減るから全力で邪魔している勢力が存在しているのではないでしょうか?

賭博は違法と言いつつも結構な種類のギャンブルがある日本ですから。

 

こういう誰かが損するから反対という構図はわかりやすくていいですね。

僕としては外貨獲得のためにも2020年の東京オリンピックに合わせてカジノ合法化してくれると嬉しいですね

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 


ブログ検索

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ

-法律とは簡単に解説
-,