Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

スポーツ知識

靴の選び方!ウォーキングシューズ編、長時間快適に歩ける靴とは?

2016/06/22

スポンサーリンク

 

 

ウォーキング用の靴っていったいどんな靴がいいのでしょう?

靴が足と合わないと長時間のウォーキングは無理です。

足の疲れや靴ズレなんかのトラブルが発生するからです。

 

長時間、安心して歩ける靴選びが重要です!

ウォーキング用の靴を選ぶときのポイントを紹介します。

 

衝撃を吸収するクッション性のある靴

アスファルトの道が多いので靴底が厚めのクッション性のある靴を選びましょう。

その方が足にかかる負担が減るからです。

硬い地面からの衝撃を吸収してくれる靴を選ばないといけません。

靴の中で足がしっかり止まる靴

靴があっていなかったりすると靴の中で足が動いてマメができたり靴ズレになったりと足を痛めやすくなります。

それを防ぐために靴の中で足がしっかり固定される靴を選びましょう

紐靴がおすすめ

靴ひもでしっかりと足を固定してやれば靴の中で足が止まるので長い距離を安定して歩けるようになります。

ユルユルの靴は足が疲れます、注意しましょう。

履き口が狭い方が安定します。

紐靴でも履き口が広くて紐でしっかりと足を固定できない靴はだめ

ユルユルの靴は足に余分な力が加わり、足が疲れます。

足がしっかりと靴の中で止まる靴を選びましょう!

スポンサーリンク

 

一番、大切!自分の足にあった靴を探そう!

顔がみんな違うように足も人それぞれ違います。

足と相性のいい靴を選ぶ必要がある。

相性のいい靴の選び方

足の指先を締め付けず、適度なゆとりがあることが大切

ハイヒールみたいな足の指先が動かないように締め付けてしまう靴はだめ

歩くときに足の指は手の指のように良く動いています。

人は歩くときかかとから着地して指先で地面をつかみ親指で蹴り出して歩いています

なので足の指先が自由に動く靴を選ぶ必要があるのです。

靴を履いた時に爪先15mmほどのあそびが必要。
足のつま先が靴とくっつかないようにしましょう。

足の指先が自由に動く靴を選ぶ。

ウォーキングに適している快適な靴とはつま先にはあそびがあるけど

かかとよりの部分はしっかりと固定されている靴がよいです。

足にも特徴があるので靴屋さんシューフィッターに足を計測してもらい
足にあった靴を買うと安心です

靴下の問題

靴下も重要なファクター、靴下の厚みの違いによって靴と足のフィット感が変わってきます。

なのでウォーキン用の靴を買うときは何種類か靴下を持って履き心地をチェックしてみてください。

靴下は第2の皮膚です。

靴下を履いた状態で靴と相性が良くなければいけません。

なので色んなデザインの靴下を持っている人は気をつけてください。

ウォーキングに適している靴下は足の指先が自由に動く5本指靴下がおすすめですよ

参考動画

まとめ

まとめ

  1. クッション性のある靴底が厚いタイプを選ぶ
  2. 紐靴で履き口がしっかり締まる靴を選ぶ
  3. 靴の中で足がしっかり止まる(固定)される靴を選ぶ
  4. 自分の足と相性がいい靴を選ぶ、足の指先は自由に動いてかかとよりの部分はしっかり固定される靴が良い
  5. 靴下と靴の相性もチェックしよう。

これでウォーキング用の靴を選ぶのはばっちりですね。

 

せっかく選んだ靴もいい加減に履くと台無しなので気をつけましょう

ウォーキング用の靴の正しい履き方

 

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

ジョギングのカロリー計算ができるアプリ!JogNote(ジョグノート)

意外と知らないウォーキングシューズとランニングシューズの違いとは

成人男性が1万歩を歩くと距離はどれくらい?個人差はあるけど大体これくらい

冬のウォーキングウェア!選び方の基本

スポンサーリンク

 

ブログ検索

 

-スポーツ知識
-, ,