Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

病気

高所平気症って?対策は?問題と治す方法

2017/03/14

高所恐怖症の真逆の症状である。

高所平気症の症状ですが具体的に言う

高さに対して恐怖を抱かない人の事ですね。

 

 

 

高い所に慣れているのは良いのですが

リスクを理解していないため平気で高所での危険行動をとってしまうのです。

 

例えばサーカスの綱渡りに挑戦するとして普通の人は高い所に恐怖を覚えますが高所平気症の人はなんのためらいもなく綱渡りをします。

いつでも綱渡りのような事ができてしまうのが高所平気症の怖い所です。

 

スポンサーリンク

 

高所平気症の原因

高所平気症になりやすい人は高層マンションに住んでいる子供に多いです。

生まれた時から高い所に住んでるから

高さに対しての恐怖がない。

 

 

高い場所にいるのが当たり前になっているからですね。

とは言え高層マンションなどの安全な高所と崖の上などの高所を一緒くたにさせてはいけない。

高くて危険な場所をちゃんと感じ取れる能力は生きるために必須です。

立体的な感覚が未発達な子供によくある事ですが高所に対する感覚が鈍いというのは転落事故を起こしやすいという事です。

 

 

また高層ビルだと認識させるためにも階段で移動させる。

エレベーターだと高所に来たという実感がないため高所に対する意識が育たない。

エレベーターに乗っていると一瞬で瞬間移動したような気分になりますからね。

 

 

上から下を見ても高層ビルなんかだと人とか車が小さくてよく見えない。

なのでいまいち実感がわかない。

普段よりも高い位置にいる事を意識させるのにちょうどいい高さの場所へ行かないといけない。

 

4歳までに治すべし

4歳までに治さないと子供の行動範囲が広がって危険。

小さい子だと手すりを乗り越えたりしないけど

5歳とか小学生くらいになるとベランダの手すりとか危険な場所で遊び始めてしまう。

 

 

それまでに高さに対する正しい感覚を身に付ける必要がありますね。

この感覚がないとベランダの手すりを乗り越えたりとかマンションの配管をよじ登ったりします。

 

 

子供の行動範囲が広がる前に対処して高所平気症を治しておくべきです。

 

高所平気症の治し方

 

これは面白い事に高所恐怖症の治し方と似ています。

高い所で遊ぶ。

例えば滑り台とかジャングルジムとか自分よりも高い場所で活動させる事です。

 

高層マンションなんかの実感がわかない高さよりも実際に高さを感じられる滑り台やジャングルジムで高さの危険を感じ取る能力を身につける事ができます。

 

 

スポンサーリンク

 

外で遊ぶ事で高さに対する認識が正常になる。

高い所の怖さを感じる能力が身につけば高い場所での行動も慎重になるはずですよ。

 

高所平気症と聞くと対した事がないように思いますが実際は死につながる症状なので早めに改善する必要がありますね。

 

事故の例

実際にあった高所平気症の事故を紹介していきます。

真っ当な感覚である@kesuikemayakuとしては足が震えてしまうような行為ばかりです。

 

ベランダに干してある布団で遊んでいて転落

太陽の光をたっぷり浴びてふかふかになった布団。

子供の頃に一度は顔をうずめて遊んだ事があるはずです。

 

 

干してある布団で遊んでいてベランダから落ちてしまう事故というのがあります。

布団はつかみやすく手すりによじ登る事もできる。

しかし、布団干しはさみに挟んであるだけの布団です。

 

 

子供の体重を支えられず、ずり落ちてしまう事故が起きます。

布団を干している時は気をつけましょう。

 

手すりで遊んで落下

ベランダの中にある物を踏み台にして手すりに登って遊んでいて

誤って転落というパターンもあります。

ベランダにはなるべく物をおかないようにしましょう。

 

 

配管に登って落下

ベランダから伸びる配管によじ登ろうとして落下というパターンですね。

子供だから大丈夫という事はありません。

身の軽い子供は時に大人以上の身体能力があります。

 

 

木登りが得意な子はするすると配管を登ってしまうかもしれません。

ベランダから配管に登れないようにする対策は必須ですね。

 

 

ではでは(^○^)ノシ

スポンサーリンク

 

ブログ検索

ブログ検索

スポンサーリンク

-病気
-, , , , ,