銭ゲバ

10分で理解するクレジットカード現金化の違法性

2016/10/06

クレジットカードのショッピング枠を現金にするクレジットカードの現金化だが

違法性はないのだろうか?

ぶっちゃけるとクレジットカードの現金化には違法性がない。

 

違法性はないけど、金銭のトラブルに発展しやすいし、実は損

切羽詰まった状態でやるしかない状態の人間しか使わない方法です。

 

クレジットカードの現金化の手順

 

買取方式

  1. クレジットカードで買い物
  2. 買い物した商品を業者を経由して買い取ってもらう
  3. 手数料が引かれた金額が現金化される

キャシュバック方式

  1. クレジットカードで買い物
  2. 買い物をした商品と一緒にお金がキャッシュバックされる
  3. キャッシュバックされたお金が現金で振込まれる

 

これだけです。

今現在、買ったものを売ってはいけない法律がないのでクレジットカードの現金化に違法性はない。

業者の方は出資法違反になる可能性が高いけど(−_−;)
ただ、クレジットカード会社はこのクレジットカード現金化をひどく嫌う。

クレジットカード規約にもはっきり禁止と書かれている場合が多い。

 

なのでクレジットカード会社にバレると一発でクレジットカードの利用停止処分になる可能性もある。
どちらにしろ借金するしクレジットカードの現金化はリスクが高い。

 

 

 

手数料を取られる

 

手数料も20%以上だったりするのでぶっちゃけキャッシングした方が安い
クレジットカード現金化業者はら古物営業法をちゃんと持ってるけど
クレジットカードのショッピング枠現金化はグレーゾーン。

 

 

手数料も暴利になるので使わない方がいいだろう。
個人的な意見としてはクレジットカードの現金化なんて本当に切羽詰まっている人しか使わない気がする。
普通のキャッシングの方が金利も安いし比較的リスクも小さい。

 

手数料20%だと100万円を現金化しても手元に残るのは80万円で月末の支払いは100万円を払わなきゃいけない

そうなると結局120万円の支払いになるので全然、お得じゃない

 

 

必ずクレジットカード会社にバレる

違法性はなくてもクレジットカード会社にはバレてしまいます。

何故かというとクレジットカード会社はユーザーの買い物履歴

ヒストリー(歴史)を閲覧できるわけです。

 

 

 

今まで使った事ないような買い物をしていたりすると

そこからクレジットカードは気が付いて信用できないと判断してクレジットカードの利用を停止させます。

例えば普段、新幹線に乗らない人間が切符を大量に買い込んだらクレジットカード会社はおかしいと思うわけです。

 

 

 

毎月、ブランド物のカバンを買っていたら怪しいと思います。

もしかしたら同じカバンを二度三度買っているかもしれません。

 

 

 

クレジットカード会社では明らかに怪しい買い物というかクレジットカードのショッピング枠を現金化する事に対して

ある程度ノウハウがあるようです。

 

 

クレジットカード会社から利用停止させられると一括でお金を返せと言われてしまうので注意です。

はっきり言えばショッピング枠を現金化するような状態の人では払える金額じゃないので払わない人もいるそうですが

そうなるとクレジットカード会社との長い付き合い(電話やお手紙)が始まるので軽い気持ちでやるものじゃないですね。

 

お金を返さない事に違法性はない

だから時効もないのでクレジットカード会社とお話して和解するかお金を払うかしないとダメですね

 

まとめ

クレジットカード現金化に違法性はないがクレジットカード会社は規約で禁止しているのでカードの利用停止処分になる可能性が高い。
クレジットカード現金化業者は出資法違反(高金利)や詐欺などで逮捕される場合がある。

 

クレジットカード会社にはすぐバレると思った方がいい、そうなるとクレジットカード停止&一括請求のコンボになるので現金化はやらない方が賢明だと思います。

 
こんな感じですね

ではでは(^○^)ノシ

ブログ検索

[SmartAds4]

 

 

アーカイブ

-銭ゲバ
-,