Twitterトリビア

いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

病気

蜂に刺されたら必ず病院行くべき?

蜂に刺された時に必ず病院に行くべきなのか?

症状の大きさは体格や身長、年齢もあります。

更に言えばアナフィラキシーショックというのも絡んでくるので必ず病院に行くべき。

 

 

自分や家族が刺されてしまった時、冷静な対応というのが求められます。

結論から言えば必ず病院に行くべきです。

小ちゃな虫とは言えその毒を舐めてはいけません。

 

 

どうも~、小学生の時、夏休みにキャンプ場で海パンにスズメバチが止まって固まった@kesuikemayakuです。

素早く手で払ってくれたオヤジに感謝ですねwww

 

 

病院は何科を受診すべき?

これは皮膚科やアレルギー科を受診しましょう。

刺されてからなるべく早く受診しましょう。

下手すると身体中がじんましんが出てしまうかもしれません。

 

 

症状が翌日になって発症するパターンもあるので何ともないからと言って病院に行かないのはダメ

蜜蜂なら病院に行かなくても何とかなる場合が多いですが

 

スズメバチなど大きな蜂に刺された場合は必ず病院に行きましょう。

 

アナフィラキシーショックになる可能性はどんな蜂にもあります。

例え蜜蜂であっても正しい対処をして30分は様子をみましょう。

 

症状が出たら速やかに病院へ行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

蜂毒の症状

 

蜂の種類によっても微妙に違うけど蜂毒の症状は

  • 即時型アレルギー反応
  • 遅延型アレルギー反応

この二つがあります。

 

即時型アレルギー反応

即時型アレルギー反応の場合は刺されてから数分~30分のうちに発症します。

軽度の場合は

  • 全身に痒み
  • 全身に赤み

重度の場合は

  • 血圧低下
  • 発熱
  • 頭痛
  • 呼吸困難

いわゆるアナフィラキシーショックの症状ですね。

意識を失ったり失禁してしまう場合もあります。

 

遅延型アレルギー反応

一日経過してから症状が出る場合があります。

 

  • 刺された場所を中心に腫れ上がっていく。

軽度の場合は数時間~1日程度で消えるけど、重度の場合は刺された部分、例えば手などがパンパンに腫れて

熱を持った激しい痛みが生じます。

 

人にものすごい広範囲が腫れてしまうかもしれません。

こういう症状が出るので刺された直後、大した症状が出なくても病院に行くべき。

 

 

アナフィラキシーショックになるか検査してもらう

蜂毒のアナフィラキシーショック症状が出るかは病院にいけば簡単に調べられる。

検査の方法は

  • 皮膚検査
  • 皮内検査
  • 血液検査

皮膚検査

細い針で腕の内側に蜂毒を垂らし、注射針で血が出ない程度に軽くひっかきます。アレルギーを持っている場合には、15分後に赤くなったり軽く腫れたりするような反応があらわれます。

 

皮内テスト

薄めた蜂毒を、皮膚の中に注射します。15分後にその反応の大きさを計測して、陽性か陰性かを判定します。

 

血液検査
RAST法

採取した血液から蜂毒のIgE抗体というタンパク質の測定量を調べます。血液に蜂毒に対するIgE抗体がたくさん含まれているとアレルギー症状が出やすくなります。

 

あらかじめアナフィラキシーショックになりそうな人は治療を受けてアナフィラキシーショックにならないようにする事もできます。

治療の種類には

  • 根本的治療(減感作療法/アレルゲン特異的免疫療法)
  • 対処療法(自己注射薬/アナフィラキシー補助治療剤)

この二つがあります

 

根本的治療では蜂毒成分、アレルゲンを少しづつ体に入れていき体を慣らしていく方法です。

徐々に濃度や量を増やしていきアナフィラキシーショックが出ない体にしていきます。

 

 

対処療法とは蜂毒アレルギーの患者さんが蜂に刺された場合におこなわれる、唯一の応急処置法です。

過去にアナフィラキシーを起こしたことがある場合、または、蜂刺されのリスクが高い場合は、

アナフィラキシーショックの症状を緩和する補助治療剤としてエピペン(アドレナリン自己注射薬)を携帯するようにします。

 

 

つまり症状を緩和する補助地領剤を携帯する対処療法と徐々に体を慣らしていく方法がありますが

どちらも病院で医師の指導は必須です。

 

スポンサーリンク

 

 

蜂に刺されたらおしっこをかけるというのは嘘

蜂に刺されたらおしっこをかけるといい言われていますが蜂の毒には効きません。

尿に含まれるアンモニアがアルカリ性なので蜂の毒を中和してくれるというのが根拠らしいのですが

 

 

蜂の毒は

  • アミン類・・・・痛みや腫れの原因物質
  • 低分子ペプチド・・・神経毒
  • 酵素類・・・アレルギーを起こす

 

こんな感じなので酸性物質は含まれていない

単純なアルカリ性物質で中和できたりはしない。

 

 

蜂に刺された時の対処法

蜂に刺された時の対処法、病院に行くまでにやっておくべき事を紹介します。

  1. 身を低くしてその場から離れる
  2. 針を抜く
  3. 毒を洗い出すand吸い出す
  4. 虫刺され用の薬を塗る
  5. 刺された場所を冷やす
  6. 病院に行く

身を低くしてその場から離れる

刺された直後、慌てず騒がず身を低くしその場から離れる。

下手に手で払ったりすると鉢を刺激してしまうので注意です。

なので体を屈めて蜂を刺激しないように立ち去ります。

 

 

針を抜く

蜜蜂などの蜂は毒針を刺すと針が取れてしまう構造になっています。

なので皮膚に残った針を抜く必要があります。

 

鉢の針は釣り針のような返しがついていて抜けにくくなっています。

ピンセットやとげ抜きを使って針を抜きましょう。

針には毒の入った袋が入っていてそこから毒がじんわり流れてきます。

 

毛抜きやピンセットがない場合、お財布にある硬いプラスチックのカード、例えばポイントカードとかで

横に弾くか横に払う感じで毒針を吹き飛ばしてください。

 

セロハンテープやバンドエイドなど粘着性のある物にくっつけて取り除くのもあり

ただし、絶対に素手で取り除こうとしないでください。

余計に毒針を押し込む可能性があって危険です。

 

何も持っていない場合は腕を横に払い、針を振り落とすようにしましょう。

毒を洗い出すand吸い出す

蜂毒は水に弱いので約5~10分、水に晒しながら毒を絞り出す。

水で洗い流すよりもポイズンリムーバーを使った方がいいです。

 

 

 

口を使って毒を吸い出すのは口の中が毒で汚染されるので止めましょう。

ポイズンリムーバーは他のムカデやアブなどの毒虫にも有効なのでピクニックやハイキングの時にカバンに忍ばせておくと安心です。

 

薬を塗る

針抜き、毒抜きが終わったら抗ヒスタミン剤配合でステロイド配合の軟膏を塗ります。

市販の薬でおすすめなのは「ムヒアルファEX」や「フルコート軟膏」

ムカデやブヨなど強い痒みに効果があります。

 

 

他にも処方薬で「リンデロンVG軟膏」があれば塗りましょう。

処方薬なので子供には効果が強すぎたりするのでちゃんと医師と相談してからの方がいいかもしれません。

 

 

患部を冷やす

刺された患部を水や濡れタオルで冷やしましょう。

そのまま冷やし続けて30分経ってもなんの症状もでなければアナフィラキシーショックにはなりません。

 

病院へ行く

蜂に刺された後は赤く腫れて痛みも出ます。

蜜蜂みたいな小さな蜂なら毒性も弱いから病院に行かなくてもいいかもしれませんが

毒性の強いスズメバチ、アシナガバチの場合は必ず病院へ行きましょう。

 

2回目以降であればアナフィラキシーショックの症状が出る場合もあるので必ず病院へ行きましょう。

スズメバチに刺されたら必ず皮膚科か緊急病院で治療を受けましょう。

 

まとめ

アナフィラキシーショックが起こらなくても次の日に晴れ上がる事もあるので

病院には行ったほうがいい。

蜜蜂の場合は適切な処置をしてしまえば大丈夫な場合もあるけど

 

スズメバチの場合は必ず病院に行きましょう。

アナフィラキシーショック対策にアレルギー治療が可能な病院に行く事も考えましょう。

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

ブログ検索

-病気
-, , , , , , , , , , , , , ,