いろいろなトリビア、占い、動画、ダイエット、生活、事件、アニメネタ、SNSネタなど気になったことは全部、ブログに書いてきます 暇つぶしや冷やかしにどうぞ読んでいってください。気軽にコメントしてくれると嬉しいです。

トリビアとノウハウノート

トップページ

銭ゲバ

Amazonアフィリエイトの審査を突破する方法とは?

更新日:

Amazonと言えば超有名な通販サイト、当然アフィリエイトプログラムもあるわけですが

某情報商材のせいで審査が厳しくなったと聞きました。

Amazonで審査を通過するために必要なことを紹介します。

 

 

@kesuikemayakuが審査を受けた時期はもっと楽チンな審査だったと思うのですがひさしぶりに調べてみたら

難易度が跳ね上がっていました。

Googleアドセンス並みに厳しいです、でもGoogleアドセンスをクリアした事がある人なら問題なくクリアできますね。

 

 

 

 

 

Amazonの規約を確認

Amazonのルールに即しているか?

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約抜粋

(a) 性的に露骨な内容を奨励する、または含むサイト。

(b) 暴力を奨励する、または暴力的内容を含むサイト。

(c) 誹謗中傷を奨励する、またはかかる内容を含むサイト。

(d) 人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的嗜好もしくは年齢による差別を奨励する、または差別的措置を採用するサイト。

(e) 違法行為を奨励する、または実行するサイト。

(f) アマゾンまたはその関連会社の商標や、アマゾンまたはその関連会社の商標の変形またはスペルミスを含むドメイン名のサイトやソーシャル・ネット・ワーキングサイトのユーザ名・グループ名・ページやアカウント名。例えば次のようなドメイン名

<endlessboots.com>, <amaozn.com>、<amazonauctions.net>、<kindlemagazines.mydomain.info>、<kindlewirelessreader.co.uk>、<あまぞん.jp> または <javariauction.net>などは、不適切なサイトとなります。

(g) その他知的財産権を侵害するサイト。

引用元 Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

普通にみんなの役に立つ記事を書いていけば問題ありませんが審査で落ちた場合、まっ先に細かい修正ができる部分ですね。

 

Amazonアソシエイトのアカウントは一つしか持てない

Amazonのアカウントは一つしか持てない、Amazonアソシエイトのアカウントはルレアという情報商材のせいで

複数のアカウントがたくさん作られたという事もあり今ではアカウントは1つしか作れなくなりました。

一人で何個もAmazonのアフィリエイトアカウントを持つのはやっぱり運営的にも迷惑な行為なのでしょう。

 

 

それにAmazonは自己アフィリエイト(自分のアフィリエイトリンクから買い物して報酬をもらう)を禁止しています。

自己アフィリエイトを防ぐためにもアカウントは1つしか取らせないのがAmazonの基本方針みたいです。

 

 

 

 

 

Amazonの買い物用アカウントがあるなら

Amazonに会員登録してあるならその会員登録したメールアドレスなどを使いましょう。

Amazonで買い物をしたことがあるアカウントはAmazonアフィリエイトの審査にも通りやすいそうです。

どうしてもAmazonの審査に通らない時は最終手段としてAmazonでミネラルウォーターとかを買ってから再審査をすると合格しやすいそうです。

 

AmazonのセラーセントラルとかKDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)などのアカウントがある場合も同じです

お金を使いたくない場合はKindleの無料コンテンツを手に入れましょう。

 

 

Amazonで買い物をしたのと同じようにAmazonを利用した事があるアカウントと認識されるので審査が通りやすくなります。

 

 

 

Amazonアフィリエイト・プログラムに合格するポイント

 

ポイント①

どんなアフィリエイトプログラムでもそうですが、記事の内容がしっかりしていないと審査に合格しません。

1記事1000文字から1500文字は書いておきましょう。

記事の内容もしっかりしたものを書くといいです。

初審査なら10記事は書いておくといいでしょう。

 

ブログ開設から時間が経っているブログ程、審査に通りやすいです。

 

 

 

ポイント②

お問い合わせフォームをブログやサイトに設置

ブログの運営者と直接、連絡できるお問い合わせフォームを設置しよう。

 

 

 

 

ポイント③

他のASP広告を貼らない。

初心者が新たにAmazonアフィリエイト活動をする場合極力広告を貼らない。

楽天やA8.net、Moba8.net,などの審査のないASPから広告を貼ってしまいがちですが

そこはグッと我慢しましょう。

 

 

Amazonアフィリエイトやグーグルアドセンスに同時に審査を受けると効率的ですよ。

GoogleアドセンスとかAmazon、A8.netとかの審査を全て受けてその間にサイトを作り込んでいくイメージでやるといいと思います。

最初の三ヶ月くらいはGoogle検索から人なんてこないだろうし思い切ってアフィリエイト広告を貼らずに本命のブログやサイトのクオリティを上げていくのがいいのではないでしょうか?

 

 

ポイント④

情報商材のアフィリエイトは絶対にしない

情報商材はインフォトップなので紹介されているアフィリエイトでノウハウなどを紹介するアフィリエイトなのだが

情報商材は実践してもうまくいかないノウハウや明らかに嘘を書いている詐欺商材もあるためAmazonやグーグルアドセンスでは禁止されている。

 

情報商材はユーザーにすこぶる評判が悪いというのも詐欺情報や再現性の難しい商材が多いから

どうしても騙されたり諦めてしまったりする。

ASPからすればこれと一緒にされたくないという事だろう。

 

 

ポイント⑤コピーコンテンツは禁止

他のブログやサイトから文章をコピーしたコピーコンテンツはAmazonでは絶対に審査を合格できないのでやめましょう。

必ず自分の言葉で書くべし

 

 

 

 

ポイント⑥ Amazonのロゴは使うな

Amazonの商標を画像として使うのはやめましょう。

ブログやサイトを読んでいる人がこれはAmazonに関係あるサイトなんだと勘違いするような画像や名前は禁止です。

 

 

Amazonの審査が通らないけどAmazonの商品を扱いたい

最終手段としてA8.netを使いましょう、A8のアフィリエイトプログラムにはAmazonがありますそこから自由にアフィリエイトできますよ

流石に本家のAmazonよりも扱える商品は少ないですけどね。

 

他にも、もしもアフィリエイトなんかでもAmazonの商品がアフィリエイトできると思います。

 

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

-銭ゲバ
-, ,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

by